スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建設焦土

日経ビジネス3月2日号は、建設焦土、というタイトル。東洋経済に対抗ってことじゃないでしょうが、最近、こういったセンセーショナルな表紙が多いですね。建設、建築から、保守補修に需要が移っていくのだと思いますが、この切り替えについていけることが重要かと。

古き良き時代みたいなものは、所詮、余裕のあった時代の甘えみたいなものだったと感じます。工事現場の長が、納入業者からピンはね的な集金やっていた、とかの話を読むと。

スポンサーサイト

内需創生

最近、やけに内需内需と(まあ以前からですが)、と見受けます。それはそれで良いことだと思います。ただ、食料の6割(カロリーベース)、エネルギーや鉱物のほとんどを輸入しているわけですから、輸出で外貨を稼がないと、生活の質は低くなる一方ではないかと。これって、あたりまえのことだと思っています。外国が言っているのは、日本はもっと内需作って、物買えってことでしょう?

私の履歴書 ドトールの鳥羽会長

いま日経新聞朝刊で連載中の「私の履歴書」ですが、ドトール鳥羽会長です。
いいな、と思って読んでいたのですが、やはり結構な人気のようで、私の履歴書、ドトールで検索するとブログがかなりヒットします。

今日もかなりよかった。

「長の一念」  課でも部でも会社でも、その長の一念によってすべてがかわる

「働き一両、考え五両」  単なる努力は一しかなしとげられないが、考えをもって行動すれば五を得られる

「因果倶時」  原因と結果は、最後は帳尻があう(という釈迦の言葉)  今日の積み重ねが、明日を作る
  

などなど。
何日か前の、至誠通天もよかった。

製品のエンドオブライフ(EOL)

電子部品を売っていると、最終製品がどうなるかって、極めて重要なのですが、ここへきて最終製品を作っているメーカーが、製品の選別、すなわち、どれを止めてどれを残すか、本気で始めて来ています。電子部品業界って、結構、在庫積んでいるところが多いんですよね、ここのところ。これはもう一発、電子部品メーカーには厳しい環境が来る感じがしてます。

遙 洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」

このコラムって、ログインしてないと読めないものがあるかもしれませんが、好きなコーナーです。

遙 洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」

中国大変調

東洋経済2月28日号ですが、中国大変調というタイトル。
この雑誌、12月初には「自動車全滅」というタイトルで、他紙に先行して自動車業界の惨状を書いていたのですが(やるね!)、今回も、中国の変調があたっているようですと、目先、景気は厳しいですね。

以前も書きましたが、中国経済と金融システムの二本柱がこけると、恐慌が見えてきてしまいそう。(金融システムのほうは、すでに厳しそうだなと感じています)

世界経済の4つのシナリオ

円安に

なんか期待している自分がいます。輸出企業に勤務なので。
資源がなく、内需も弱い日本の通貨が、一方的に高くなるってことも、ないのかなって気がしています。

台湾経由で帰ってきました

帰りのJALは、搭乗率25%に届いてない感じ。あれ、台湾路線は客足が戻ってきたのではなかったですか。
ビジネス客がほんと、少ないです。

台湾では、台湾高速鉄道、日本製の新幹線ですね、これに乗ってきました。外見も中身も、まったく500系なので、なんか変な感じですが、歴史を振り返って日台の協働に感動しました(運行システムなどが日本製ではないようですが)。

台湾につくした日本人列伝

工場関係者と夕食会があったのですが、日本人と台湾人、営業と技術、生産が、みなまったく見分けがつかない親密さで入り乱れ、ああ、70年前にもこのような様子があったのだろうか、とこのときも感慨深かったです。

みんなでがんばって取った3分の2の議席だ

出張先なんですが、うーん、社内研修で「あるべき姿の設定方法」とか教えている立場からすると、「うーん、それをいって何をしたいんだ、首相は」という感じです。
技術的には党議という考え方があると思いますが、おそらくその考え方は実行面でうまくいかないでしょう。

みんなでがんばって取った3分の2の議席だ

最近のアジア行きの飛行機事情

客室乗務員さんの話によると、

・最近、台湾路線が混んできた

・韓国路線は、かなり混んでいる(ウォン安の影響)

・中国路線は、ビジネスパーソンが減ってしまいガラガラ

ということのようです。
韓国、台湾は一般旅行客、それも買い物目当ての女性や、時間に余裕のある定年後の方が多い感じ。この層は、余裕資金、貯蓄の取り崩しで旅行しているのではないか、と推察します。
何が言いたいかって?お得感があれば、お金を使いたいひとたちはいっぱいいるから、お得感を感じられるようなサービス、商品を考えていかないといけないでしょうね、ってことで。

今週来週で発表の情報は

個別企業の決算やら計画策定やら、いくつかの指標があると思いますが、今週と来週にでてくる指標は、今後を占う上できわめて重要かと。
そんな時期ですが、今日から週末まで海外出張(アジア)です。

麻生首相で衆院選「やむを得ない」 森元首相

って、ほんとかなあ。選挙の目的って勝つことでしょう。ってことは、反応をうかがった様子見の発言でしょうか。


麻生首相で衆院選「やむを得ない」 森元首相

飛行機って

まあめったに落ちないわけですが、人間にとって飛んでいるということはかなり不自然なので、飛行機に乗っているとき、なんらかの不安を感じるのはしょうがないと思います。過去、1000回くらいは乗ったと思いますが、いつも心がけていることは、乗る時と降りるとき、機体を数回、軽くたたくこと。乗る時は安全のお願い、降りるときは感謝です。乗り降りのとき、飛行機をノックみたいに叩いている男がいたら、それは私かもしれません。

さらばアメリカ(大前研一)

発売されたばかりなのに、やけにレビューが多いのは、大前氏の人気の高さでしょうか。
昨日、帰り道に買って、一気に読みました。人間の弱さが、社会全体に蔓延すると、こうなってしまうんだな、と感じた次第です。少なくとも自分自身は弱さが露呈しないよう、気をつけたいです。

さらばアメリカさらばアメリカ
(2009/02/07)
大前 研一

商品詳細を見る


豊かさとは

現代で豊かさといったら、まずは衣食住、かなと思います。それに少々の情報・サービスがあればよしと。いま未曾有の景気悪化に直面していますが、衣食住って、野菜や穀物、原油や鉄鉱石といった地面の上や中から取れるものと、それを加工したものによって成り立っていると思います。取れるものも加工する設備や人も、まったく減っていないわけですから、生活するうえでの豊かさの源泉は、変わらないってことなんだ、と思っています。質、という意味では変化ありそうですが、企業はこの部分で先取りが必要でしょうね。

GCA サヴィアン

ところで、今日の日経にGCAの業績が載っていましたが、以前、雑誌で読んだ限りでは、かなり雰囲気のいい会社みたいですね。社員の一人ひとりを大切にするとか。

M&Aアドバイザリの業績・内容って、これからのビジネス環境を占う指標の一つの気がしています。

GCA サヴィアン


幼稚園の作品展

今日は下の息子の幼稚園で作品展があり、行ってきました。

一年を通じて作ったもの、絵や粘土、版画や工作の展示ですね。

もうすぐ幼稚園を卒業ですが、幼稚園のときに作ったものは宝物として
保管するつもりです。

長期金利、米欧で上昇 景気後退局面では異例

 これってやっぱり、インフレしか解決方法が無いってことになるんでしょうかね、先々。

長期金利、米欧で上昇 景気後退局面では異例

10-12月の機械受注、16.7%減 過去最大の減少幅

現実問題、09年1-3月は対前年、マイナス40%くらいじゃないでしょうか。結果が3ヵ月後くらいにでたら。

10-12月の機械受注、16.7%減 過去最大の減少幅

お金は道具

小学生の息子と議論していて、お金とは人間がよりよく生きていくための、道具だと結論にいたりました。

人生の戦略

勝間さんの本、結構好きです。先日、社内研修の講師をしたときに、好きな本を聞かれ、とっさに勝間さんの本です、と答えました。

クライアントにWhatを提示する戦略コンサルならば、自分の人生におけるWhatも明確にしておく必要があるでしょうね。


史上最強の人生戦略マニュアル史上最強の人生戦略マニュアル
(2008/09/27)
フィリップ・マグロー

商品詳細を見る


引き算のヒット術

日経ビジネスの2009.2.9号ですが、いまある機能、サービスから「何を引くか」で、本当に価値のあるものを納得感のある値段で売ることが大切な時代なのだな、と感じました。
過剰な機能を支えてきた部品メーカーは、これからますます厳しくなるのでしょうか。

アサヒ、韓国ビール2位の買収検討 韓国ロッテと共同

ビールという比較的汎用に売れる、それでいてブランディングが大切な消費財で起きているM&Aですが、これが内需に限界を迎える日本企業の先端的な動きなのでしょうか。キリンが先鞭つけていますね。


アサヒ、韓国ビール2位の買収検討 韓国ロッテと共同


米国 地上波デジタル化は4カ月延期

これ、実際問題、日本も厳しいでしょうね。

関東地方の話になりますが、東京スカイツリー竣工についても、地デジ切り替えの09年7月末までに間に合わない感じがします。東京タワーから出している電波からスカイツリー発の電波に切り替えることから生じる諸々の影響(アンテナ方向変更とか)を考えると、地デジ切り替えは10年度に持ち越しですかね。

米地デジ延期法案、米議会を通過 デジタル化は4カ月延期

エルピーダメモリ 公的資金の活用を検討

あまり記事とは関係ありませんが、エルピーダメモリの坂本社長は、尊敬するビジネスパーソンの一人です。なんでも果敢に利用しよう、という姿勢がよいです。

エルピーダメモリ 公的資金の活用を検討

家電下郷

昨日の中国経済の動向次第、という話からすれば、この家電下郷というのは興味深いですね。

家電下郷

世界経済の4つのシナリオ

これから世界経済の行く末を占うには、金融市場の安定化と中国経済の発展動向の二つがカギになるということなんですが、

ATカーニー 梅澤代表

積みあがったリスク資産と、輸出をエンジンとしていた中国経済という二つの課題を考えると、ちょっと悲観的な先行きでしょうか。

ちなみに、梅澤氏は グローバル実体経済の変化 を金融市場の安定化に対する軸としているのですが、イコール、中国経済の発展動向、と私は理解しました。

地域の支え

昨日、息子の小学校のイベントにいってきたんですが、町内会が餅つきイベントやっていました。
他には人形劇とか、サッカークラブや野球クラブが催し物をやっていたりして、楽しかったです。

つくづく思うのは、近所づきあいというか、近所の支えとか、そういうのが地域を支えてるな、ということです。私もなにかしなければ、と。
プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
848位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
216位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。