スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産業革新機構2

コンサル時代、大手企業を中心に保有され、実質的に死蔵の特許を、どう活用するのか、というテーマで、自主的に調べてみたことがありました。

たいして深く調べてないのですが、課題は、

・特許を保有する企業としては、たとえ死蔵であっても、他社に譲渡しづらい

・大きな理由は、もしその特許で他社が成功した場合、社内に説明がつかないから

・そもそも譲渡価格の判断も難しい

でした。

よって対応は、

・譲渡した特許でビジネスがうまくいった場合に一定の果実がとれる仕組み創り

・その仕組みに対して適切な譲渡価格の設定方法を考案する

だと思いました。

産業革新機構では、このようなことを手掛けるんでしょうか。官製ファンド・VCのように見受ける産業革新機構ですが、仕組みの革新も期待したいです。

----------------------------
ご覧いただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しており、よろしければクリックをお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。
↓↓↓↓↓↓↓



スポンサーサイト

テーマ : 経営 - ジャンル : 政治・経済

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
785位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
186位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。