スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お葬式の簡素化が進んでいます

イオンが葬祭事業に参入することについて、先日、コメントを書きましたが、その後、葬祭事業に関係している人と色々と話しているうちに、過去のイメージで葬祭事業を見てはいけないのだな、と感じている次第です。

葬祭と言えば親戚、知人、友人一同が集まるので、相応の規模で行われる、という認識はだんだんと通じなくなってきている、ということです。

一言でいえば、家族や親戚の数が減ることによる葬祭の簡素化ですね。

以下、亡くなるのは高齢の方が多い、という前提で書きます。

いままで亡くなった方は、多くが団塊の世代の上の世代で、兄弟も子供もたくさんいる人たちでした。

団塊の世代前後は兄弟が4~5人いるのが普通ですが、その子供世代、つまり今の40代前半以下は兄弟が少なく、またその下の世代でも少子化の進行が見込まれています。

このような状況で、葬祭にお金をかける、というほうが無理があると思います。

お棺やお花はともかく、引き出物って本当に必要なのか、などは問われて来るでしょうね。
(引き出物は、もうかなり減っているようですが)

それに、現世での楽しみも昔に比べれば多いため、亡くなる方たちも葬祭の形式にこだわることが無くなってきているようです。

葬祭事業は内需の筆頭っぽい気もしていたのですが、やはり人口が減る、減り続けるということは内需にとって非常にマイナスなのだと、あらためて感じました。

ただし、周辺ビジネスは・・・この話はまた今度、書きます。

-------------------------------
【直葬 ~消える弔い~】(上)消えてしまいたい
「消えてなくなりたい」。鈴木さん(74)=千葉県市川市=は、自分の死後についてそう考えている。

 「葬式も戒名もいらない。死を知らせる親族は最小限。親しい知人らには納骨後に知らせて。家は取り壊して更地にしてほしい」

 今年8月、遺言にそう書いた。7年前に母=当時(95)=を亡くしてから一人暮らし。でも旅行仲間も多いし、頼れる親戚(しんせき)もいる。孤独ではない。

 「葬式をすることで、親族や他人の時間を拘束したくない。誰にも迷惑をかけないで、消えるように死にたいの」と笑う。

中略

火葬や遺品整理などの事務を託すのが「NPO法人りすシステム」(東京都千代田区)だ。平成5年の設立以来、約2200人と死後事務の契約をしている。多くが子供がいなかったり、子供や親族の世話になりたくないという人たち。夫婦での契約もあれば、1人での契約もある。

 杉山歩代表は、「8割が『葬式はいらない』という人」と話す。「周囲に迷惑や負担をかけたくない」「葬式に呼びたい人がいない」「何もされたくない」「肉親がいない」「寺と付き合いがない」…事情は人それぞれだ。
(産経新聞 2009年9月22日)
----------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓


スポンサーサイト

テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

インドカレー屋さんの店員フレンドリー

外出先、西武池袋線の富士見台という駅から歩いたところでランチを食べたのですが、ちょっと印象に残ったというか、日頃、思っていることと重なったのでコメントします。

現地人?と思われるスタッフのことです。

経済大国?日本において、外国人がどういう思いで働いているのか真意は人それぞれとは思いますが、外国人から見ても夢、希望のある国でありたいと思っています(もちろん、まずは日本人から見て夢、希望のある国であることが必要ですね)。

だって、是非はともかく、大東亜共栄圏を提唱した国ですよ、日本は。

さて、富士見台ではインドカレーを食べました。

カレー2種類が楽しめるC セットを中辛で頼んだのですが、カレー自体、とてもおいしくてナンを使って皿を舐めるようにして「きれいに」食べました。

ナンかライスが食べ放題ということですが、正直、カレーを二種類頼んだら、ナン二枚以上は分量的にきついかな、という感じ。

それはそうとして、インド料理屋に限らず、中華料理や韓国料理も同じですが、フレンドリーな現地人スタッフ、とても気持ちいいです。

インド料理屋は特にフレンドリーな感じがします(本音はともかく)。

(家族経営っぽい)中華料理屋は、ぶっきらぼうだけど一生懸命、という感じでしょうか。

韓国料理屋は、学生のバイトが多い印象ですが(というかどこも同じか?)、逆に日本人に近い感じもします。

まあ、普通の居酒屋で外国人スタッフが働いているのが現状なので、特に各国料理の現地スタッフに対して何かコメントする必要は無いのかもしれません。

これも各国料理だけではないのですが、ちょっと心苦しいのが、昨今の経済情勢で、おそらく売上が減少しているであろうこと。

ぜひ、個々のお店の特徴特色を明確にして、日本人に何が受けるか、ということも研究して、がんばって欲しいと思います。
(本国ではこうであるとかは意味がなく、日本にいるお客さんに合わせる必要があると思います)

以下、今回食べたお店、紹介しておきます。
インド料理 アイキッチン 富士見台店
090929.jpg

あとで、やられた!と思ったのが、ホームページをよく見ると、「ホームページ見ました」の一言でソフトドリンクが一杯無料ということ。

知らずに、ラッシー(150円)を追加で頼んでしまいました。

どうせなら全部ソフトドリンク付にしてしまったほうが、ランチにお得感がでていいですよ、などと思っている次第です。

----------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

金融機関の報酬制限

昨今話題の「金融機関の報酬制限」に関して、常々考えていることがあり、一言。

かなり概念的で、実施には課題が多い案なのですが、次のとおりです。

そもそも、金融機関に限らず全ての給与所得者は、脳外科や心臓外科医の給料を越えてはいけないと思っています。

海外であればフリーランスで年間、数億円稼ぐ医者もいるとは思いますが、日本国内であれば診療報酬が決まっており、時間的な制約から年間にできる手術数に限度があると考えれば、脳外科や心臓外科の勤務医で最高年収が(よくても)3000万円ほどではないでしょうか。

これが、人の命を直接扱う医師の最高年収なわけです。
(もちろん、この話には救急外科の医師や、その他、もろもろの医師を含めてもよいと思います。)

で、こうやって基準を考えていくと社会主義的な発想になるので、実際の経済の運営とその発展にかみ合うのかどうか、というといきなり暗礁に乗り上げるわけですが・・・。


投資銀行の前提は、報酬は先払いで、リスクは後払いで他人持ち。

しかも実体経済の上で何かを作るわけでも、直すわけでもありません。

正直言うと、金融機関は資本主義経済における一種の公的サービスとして、官営でもいいのではないか、とすら、ときどき思います。

昨今、金融機関の報酬制限が、以下のように検討されているわけですが、このような記事を読むと、そもそも心臓外科医よりも給料をもらわないと、活力をもって仕事ができないのか、という疑問を感じてしまいます。
----------------------------------
報酬規制、米欧に難題 金融機関の活力・規律をどう両立

 金融機関の報酬規制が動き出す。25日、金融安定化理事会(FSB)が打ち出した報酬基準に20カ国・地域(G20)首脳会議(ピッツバーグ・サミット)が支持を表明した。金融機関の暴走を防ぐ狙いだが、規制の行き過ぎは活力をそぐ。金融機関は規律と活力の両立という課題に直面する。

 基準に目立つのは「例えば」という表現だ。「変動報酬のかなりの部分、例えば40~60%は、数年間の延べ払いができるようにすべきだ」。数値を例示し、小手先の変化で終えることがないようくぎを刺している。(日経新聞 2009年9月27日)
----------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓

テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

そして再び、名将 宮崎繁三郎

しばらく前に、名将 宮崎繁三郎のことを書きましたが、この名将のことをもっと知りたいと思い、本を買いました。一冊だけ、出版されています(の模様です)。

名将宮崎繁三郎―不敗、最前線指揮官の生涯名将宮崎繁三郎―不敗、最前線指揮官の生涯
(2000/08)
豊田 穣

商品詳細を見る


Wikipediaでは、当然ながら書ききれない部分があるわけでして、自分が尊敬する人物のことがよく分かり買ってよかったです。

小さな猿をいつも肩に乗せていてかわいがっていた、などというエピソードや、本当に最前線まで一人で偵察にいってしまう大胆さなどは、本を読まないと分かりませんでした。

自分がこれだ、と思ったことは、(例えマイナーでも)自分のお金で探究してみる。

それって大切だと思います。

----------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

先進国主体の経済は終わるが・・・米国への希望

先進国人口は、ざっくりと10億人といわれています。

世界の人口を60億人とすれば、約16%なわけです。

この16%が、物を作ったり売ったりしてきました。

で、先進国は知ってのとおり、(ほとんどの国で)第二次世界大戦を戦ったわけでして、そうすると戦争直後のベビーブーム、日本でいう団塊の世代があるわけです。

そして、どこも少子化で苦しんでいることからも、ベビーブーマー世代でいったん人口が膨らんで以降は、人口ピラミッドが萎んでいく一方ということです。

内需が冴えないことは、日本だけの問題ではなく、先進国全体に通じる課題です。

これから先進国では、医療や介護、省人化といった守り中心の経済になっていくのではないでしょうか。

ただし、先進国を一言でまとめてしまいましたが、例外が一ケ国あると思います。

それは米国です。

(ペースが落ちたとはいえ)移民や留学生などを引き付け、実際に人口が増え続けている米国は、内需としても知の集積地としても、必ずまた、輝きを取り戻すと感じています。

米国は必ず復活する。

これは、(特に親米というわけでもないので)信念などではなく、ある種の必然のように感じています。

とすれば、それを前提に動くべきでしょうね。
----------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

食料の自給率も大切ですが

私は東京に住んでいますが、カロリーベースで見た東京都の食料自給率、1%なんですね。

ということは、都内につながる主な道路や鉄道が、仮に全部、寸断されてしまうとか、電気も石油も大幅に制限がかかる、といった状態になると、都内の人は地方に疎開でもしない限り、早晩、餓死の危機に直面してしまうわけです。

まあ地方にまんべんなく食料があるわけではないですし、地方で車がないとどうにもならないので、エネルギーが止まると地方も大変ですが、現代社会においてはエネルギー確保が食料の確保と同じ意味を持っています。

ちなみに、PDFですが、こちらが農水省の出している都道府県別の食料自給率です。

カロリーベースでみた北海道の198%は納得感がありますね。

群馬、山梨、愛媛などはカロリーベースと生産額ベースの自給率に大きな差があり、果物のように値段の張るものを多めに作っているということなのでしょう。

高速道路や鉄道といったインフラ、そして物流に携わる人たちの大切さが分かる資料ともいえます。

----------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

日本の果物は素晴らしい! 高いものは高いだけある

連休の谷間ですが、休みを取って9連休にしてます。

とはいえ、子供たちは学校ですし、特にやることもないのですが。

軽井沢の帰り道、すぐに高速に乗らず、一般道を少し走ったのですが、途中で見つけたくだもの街道?なる道路で、梨を買いました。

夏から秋の味覚として梨は大好物ですが、普段は近所の西友で一個90円のものを買っていて、こんなものかなと思いながら食べていたのですが、せっかくだし!と奮発して産地価格で一個250円のものを買ってみました。

里見梨
090924.jpg
分かりづらいかもしれませんが、かなり大ぶりです。

大きくておいしいので、お得感がいっぱい!
東京だと、普通のスーパーにはあまり置いてないかもしれません(うちの近所だけ?)。

デパート系の果物売り場にいくと、一個300円程度で売っている梨と思われます。

梨の本当のおいしさ?に気付かせてくれた、くだもの街道に感謝すると同時に、日本の果物のおいしさはすごい、とあらためて感激です。

これからは、梨を食べる回数を減らしてでも、一個300円くらいの梨を買いたい!と心の中で思いました(できるか分かりませんが)。

----------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

軽井沢のアウトレットすごい

今さらなのですが、軽井沢プリンスショッピングプラザはスゴイですね。

上信越高速のICから20分ほどと、ICのすぐそばではありませんが、道路はよいですし、なにせ、新幹線の軽井沢駅に隣接です。

我が家はこの連休中に車ででかけましたが、途中の高速も、現地についてからもメチャクチャな渋滞でした。

渋滞の話はさておき、この場所、このアクセスで広大なショッピングセンターを用意し、しかも集客力が抜群という、コクド(西武)の視点視座の高さに感心しました。

地方活性化の施策は、以下の一点に集約されるのではないでしょうか?

・都心、都会から人を呼べること
   →わざわざ来たい、また来たいと思わせること

そのためには、地方は以前にも増して、都心・都会のひとのライフスタイル、趣味嗜好を分析することが肝要だと思います。

----------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

女性という偉大なリソースを即活用すべき

先週は経世済民塾があったり、3日間、イノベーションジャパン2009に顔を出したりと、イベントが多かった一週間でした。

9月16日の経世済民塾は、講演者が偶然にも二人とも女性で、経営者。

9月18日のイノベーションジャパン、講演者はDeNAの南場社長と勝間和代さんは、こちらも二人とも女性。

ということで、女性のお話を多めに聞いた週でした。

で、普段、会社のなかで持っていた大きな疑問が、頭を持ち上げます。

勝間さんもおっしゃっていましたが、

「重要な会議、会合の出席者が中高年男性だけ(もしくは約9割がそう)」

ということ。

とても能力ベースで運用されているとは思えません。
(女性の採用数とか離職数とか、度外視して)

個人的には、社内で女性をある程度、優遇した措置を取ってもよいと思っています。

もちろん、女性の中でも優秀と認められる方だけですが、促成栽培?のように集中的にOJT、Off-JTの機会を与え、幹部の早期育成に取り組んでみるのは、いかがでしょうか?

----------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓





テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

入札1業者だけ、独立行政法人で増加 競争骨抜きに

知ってる人は知ってるんですが、あえて書くと、国内における役所や学校等、公的機関における調達の多くが、実質的に、普段のつながりベースで発注されています。

これ、私自身も仕事で物を購入するという担当をしたことがあるので、よく分かるのですが、発注する側の気持ちや考えとして、

「総合的に信頼できて、かつ、サービス等も含めて満足度のある業者」

が、やっぱりいいわけです。となると、一見さんはまず無理。

税金のムダ使い、という言葉がよくでてきますが、

使われた税金=誰かの給料 or どこかの会社の売上

な訳ですから、受け取る側からすれば、名目はどうでもいいのが本音。

こりゃ、これから先も大きく変わりませんよ。

「調達価格どっとコム」みたいなのを政府内で立ち上げて、国、地方を問わず、すべての公的機関はここに調達価格をDB化して、調達時には都度チェックして価格が適正かどうか判断する、というのはいかがでしょうか?

導入自体にもいろいろ課題はあるでしょうし、上述のとおり使われる税金の額が少なくなるということは、誰かの収入が減るということなので、難題山積ですが。

でも、財政の状況を考えれば、税金自体、限界ですよね。

つまり、この先、大きな経済成長が実現できなければ、生活レベルは下がらざるを得ない、ということかもしれません。

------------------------------
入札1業者だけ、独立行政法人で増加 競争骨抜きに
独立行政法人(独法)が07年度と08年度に行った契約を会計検査院が比べたところ、競争入札だったものの入札参加業者が1業者だけの「一者応札」が増えていたことが分かった。一者応札の平均落札率は95%と高い上、以前から随意契約を結んでいた業者が落札するケースも多く、検査院は「実質的な競争性を確保しにくい状況」と指摘している。

 検査院は、民主党を中心とした参院からの要請を受けて検査を実施。昨年は独法の07年度(4~12月)の契約状況について、随意契約の割合が国の機関(16府省庁)より高率だったなどと指摘。今回、各独法が随意契約の見直し計画を定めたことを受けて、08年度(同)の契約状況について再検査した。

 対象となったのは、今年3月末時点で存在する100の独法の、約6万9千件、総額8188億円の契約状況。

 その結果、08年度の随意契約は件数割合が57%(前年度74%)、金額割合が67%(同75%)といずれも低下した。随意契約の平均落札率は97%(前年度96%)と高いままだった。

 代わりに競争入札が増えた形だが、その応札者数を調べたところ、一者応札の割合が08年度は前年度から件数・金額とも7ポイント前後増加。一者応札の場合の平均落札率は95%で、複数応札の84%より高くなっている。

 随意契約から競争契約に移ったケースの大半が一者応札で、その82%が従来の随意契約の締結業者だった。
(朝日新聞 2009年9月19日)
----------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

徳政令?銀行受難ですな・・・日本の敵では無いはずですが

ご存じのとおり、大きな政府の代表格、新しい金融相の亀井静香さんから「平成の徳政令」について、単なる私案なのか、それとも強行するのか分かりませんが、とにかくそんな話が出ているわけです。

発言内容が強引だな、という印象を受けているのは、私だけではないと思います。

借り手も貸し手も日本経済のために納得できる、うまい着地点を探るのが、大臣の役目ではないでしょうか。

大きな政府派というのは、いずれにしても「我々は必ず正しく運営できる」と思い込んでいるのではないか、と見受けています。

が、そのような独善性が仮にあるとすれば、うまくいかないのは歴史が証明していることです。

以下、先週末時点の、【1615】東証銀行業株価指数連動型上場投資信託のチャートです。
090919.gif

下は、同じく先週末時点の、【998407】日経平均株価となります。
090919_2.gif

日経平均の動きに比べると、銀行株が急落している感じが見られます。

逆に、この施策により恩恵を受け、上がるセクターってあるんでしょうか?
(上場企業には徳政令が関係ないよ、という面はあるのですが)

金融庁が指導・通達すれば、相当な効果や反応が出るのが日本の金融機関なのですが、今回の徳政令は、一方的に進めれば金融機関からの信頼感を無くしてしまう、大きな実害を伴う施策です。

ぜひ、金融行政をスムーズに進めてもらいたいです。

----------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

円高? 民主党は基本的にデフレで乗り切るつもりか

民主党の成長具合については、昨日も書いた通り、まあ、少し長い目で見ようと思っていますが、いずれにしても根源的な課題は個人の考えでブレるのではなく、早期に政権内で一枚岩になる必要があります。

国内に資源が乏しく、生活必需品であるエネルギーの大半と、食料の多くを輸入している日本にとって、なんらかの製品・サービスの輸出で外貨を稼ぎ続けるのは、これからも将来に渡り必須です。

で、藤井財務大臣の円高容認とはなんなのか。

この点、輸出が先行すべきというのは私の持論でもあるので、コメントします。

円高になれば、瞬間的には輸入物が安くなるが、輸出産業が傷つき、その後、日本国内において支払う外貨が乏しくなれば、円安になるに決まってます。

誰も、収入の裏付けがない通貨で支払いを受けたくないでしょう。

輸出して稼ぎ、それから輸入して消費しているのだから、少なくとも急激な円高には懸念があってしかるべきです。

国内の輸出産業が空洞化してからも、円高が持続するというのは、ありえないと思います。

もし円高容認、ひいてはデフレ容認が民主党の基本的な考えなら、日本経済の回復は非常に厳しいと言わざるを得ません。

自民党が組織として一体感を持っていたか。

小泉時代はトップダウン的にそのようになっていましたが、その前後を考えると、大臣になった個々の議員の考えで、政策が前後左右にブレまくっていたようにも思います。

では、民主党にそれが許されるのか、というと、ダメ!でしょう。

自民党2など誰も見たくないです。

それに、自民党は公明党との連立という「化学的に相性が疑問?」な関係を、なんとか乗り切りました(まあ、なんとか)。

民主党が遅くとも年内に党内、および連立相手である社民、国民新党をとりまとめられないなら、国民は政治手腕に幻滅し、来年の参院選において、相当なしっぺ返しがある、と思います。

----------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

いま民主党にそんなこと言ったって

経済ブログでは、政権を取った民主党の政策に関する分析やコメントが多いですが、セミナーやフォーラムに行っても、「民主党さんにはこんなこと期待したいですねー」という、コメントがよく聞かれます。

まあスタートしたてのこの時期にいろいろ意見具申しておきたい、もしくは批判も一発かましたい、という動機が見え隠れするのですが、基本的に、私は民主党に対して現時点では特に意見はありません。

なぜなら、まだまだプランニング段階であり、民主党が宣言しようがしまいが、これから実行に至るまでに、時間もエネルギーもたっぷりと必要だからです。

経営コンサルというプランニング的な仕事を生業としていたからこそ、プランだけじゃどうにもならないという部分を現在、痛感しているわけでして、ということで、個人的には民主党はもう少々、様子見です。

----------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

イノベーションジャパン2009

イノベーションジャパン2009ですが、開催期間の3日間、毎日、足を運びます。

昨日、9月16日から始まったのですが、初日から非常に刺激的です!

コンサル時代には、インキュベーションやらイノベーションやらにも少々、触れる機会がありましたが、最近はもっぱら社内の企画、調整業務が多く、このような新技術とそれを取り巻く人たちのお話を聞くことは、自分の向上心を書き立てる大きなモチベーションになります。

まずは16日午後のパネルディスカッションから。

大学発ベンチャーの成功戦略 ~マイルストーンとビジョンを語る

なのですが、ナノエッグオーストリッチファーマについて、事前に何も知らずに出席しました。

が、非常にユニークな技術で社会貢献の範囲も広く、事業として有望感いっぱいです。
(オーストリッチファーマは、HPがまだ無い?)

ナノエッグは、薬品の皮膚への浸透力を高めるものと理解しましたが、塗るワクチンやら効果の高い皮膚薬やら化粧品やら、この先の、発展性が高そうです。

オーストリッチファーマは、今後、世界で最も必要とされそうなことの一つである、新型インフルエンザ対策の切り札、すなわち安価で迅速なワクチン製造を実現させる技術、との理解です。

生意気にも質問させていただいたりして、大学との企業が連携するときの課題、具体的には大学側が知的財産の取り扱いなどにおける例外事項への対応力が(経験不足も含めて)あまり無いなどの、ことを教えていただきました。

また、ヒューマン・キャピタル・マネジメントという、ベンチャーに対する人的支援会社の代表者も講演者でした。

この方、土井社長ですが、ブログ 北の起業家も拝見しましたが、芯の通った熱い感じのする、新技術やベンチャーにも理解力のある(当り前か)、やり手と見受けました。

その他、展示会場でも大変勉強になる話がいくつか聞けました。

それについては、また機会があれば書きたいと思います。

----------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

リオデジャネイロで2016年オリンピック?

何も決まったわけじゃありませんが、あと2週間ほどした10月2日に、2016年のオリンピック開催地が正式に決まります。

正直、東京に決まってほしいです。日本人は事前に盛り上がりをあまり見せませんが、2004年のサッカーW杯だって、開催したら国内が盛り上がってちゃんとホスト役を果たしたじゃないですか!

都内の整備も一段と進むよい機会ですが、当然ながら開催にあたってはライバルがいるわけです。

ここにきて、南米初開催をもくろむリオデジャネイロが優勢とのこと。ただ、治安と交通整備という二大課題があり、また、サッカーW杯も2014年にブラジルで開催ですから、ちょっと重荷か?もしくは、W杯の開催でその二大課題に手がつくなら、逆に追い風かもしれません。

いずれにしても、ブラジル優勢であるとか、オバマ大統領が直々にシカゴ開催をアピールするとか、東京が不利な情報にはこと欠きませんが、開催都市の条件としては一番、不安材料がないので、この三つ巴(マドリード失礼!)がどうなるか、大いに注目しています。
----------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

下手すると粛清だし・・・意見具申の難しさ

人間の弱さを露呈する人物、そしてそのような人物が実権を握り、人間の弱さが蔓延しているような組織。

この「人間の弱さ」の蔓延が、組織を長期的に弱めていくものだと、考えています。

弱さの一つが、自分を否定されたくない、ということ。反対される、それだけで頭にきてしまう。

映画、シンドラーのリストでこんなシーンがあります。

収容所の建築現場でのこと。

そこに収容されている建築学を学んだユダヤ人女性が、

「基礎がなってないから、このまま建物の建築を進めてはダメだ」

と現場を監督しているナチスに意見を具申します。

ナチスの対応は、この女性の処刑でした。

とはいえ、処刑後すぐに「あの女の言う通りに直せ」

と部下に命じるわけです。

会社でもこういうこと、ありそうですね。

論語を読むと、人間とは何年(何千年)経とうと、変わらないものだな、と思います。
---------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

別にいいけどさ・・・窓口いつもガラガラ 厚労省OB天下り先の雇用開発協会

無駄使いとはいいますが、この支出を止めれば、受け取っていた人たちの収入が減るだけ。

とはいえ、厚労省OBってそんなにお金が必要なんでしょうか?

受け取っても、貯蓄に回るだけだと思います。

同じ組織、同じ施設のままでもいいから、そこの職員を民間から募集してもっと若手にすれば、人数を増やせるし、この組織で一体どれだけ社会貢献できるかを考えさせたら、きっと、よい「雇用開発協会」になるのではないでしょうか。

この景気後退局面で求められているのは、経費総額を減らすのではなく、今使っている経費をゼロベースで見て最大活用するにはどうしたらよいか、という論点だと、信じています。
------------------------------
窓口いつもガラガラ 厚労省OB天下り先の雇用開発協会
東京・水道橋のビル6階に入居する東京都雇用開発協会。7月下旬、高齢者の雇用就業支援コーナーの窓口に、相談員3人がそれぞれの机に座っていたが、相談者の姿はない。1時間後に訪れてもそのままだった。
窓口の職員は8人いるが、1人が1日あたり2~3人の相談を受けるだけで、その6割は15分以下で終わるという。関係者は「コーナーはいつもガラガラ。履歴書の書き方や面接の対策は教えるが、肝心の職業紹介ができない。『ハローワークに行ってください』というだけなので、怒って帰る相談者も少なくない」と明かす。

 協会側のこうした事業は、高齢・障害者雇用支援機構の委託で行われている。実効性が疑わしい実態であるうえ、各協会の天下りOBらの人件費が確保される中で、委託費の配分にもゆがみが生じている。

 08年度の各協会の決算書で委託費の使われ方を分析すると、東京では、人件費2億円に対し、事業費は1億5千万円。大阪では、人件費1億6千万円、事業費1億6千万円。(朝日新聞 2009年9月13日)
--------------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

頭のいい人脈の作り方

この本、シンプルでよかったです。

自分のやりたいこと、役に立てることを明確にして、効果的に発信すること。

ポーっと待っていては、ダメなんですね。

他にもこの本には、良いキーワードがたくさんあります。

「チャンスは全て人を介してやって来る」

「人脈はいたずらに広げても意味がない」

「成功するためには自分を引き上げてくれる人が必要」

などなど。

この本を読んで、自分はプロ経営者を目指していたことを思い出しました。

早速、そちらの方向に進めるよう、準備していきたいと思います。

-----------------------------
本当に必要な人を引き寄せる 頭のいい人脈の作り方本当に必要な人を引き寄せる 頭のいい人脈の作り方
(2009/06/11)
立石 剛

商品詳細を見る


-----------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 経営 - ジャンル : 政治・経済

それで人気なのか!大前研一の講演が

都内にて、大前研一さんの講演を聞く機会がありました。

めちゃくちゃな人気ぶり。ファンが多いんですね。平日の午前中ですよ。

聞いてみて、なぜ人気があるのか、分かりました。

最新のニュース、イベントについて、考察を話すんですね。

過去経験した話とかが続く、というのはありがちなんですが、大前さんの場合、そういうのは導入だけで、とにかく、最新情報が話せる。

もちろん、事前に常時、いろいろと考えているから、ニュースを受けて語れるのだと思いますが、これは見習いたいと強く思いました!

おもしろかったのは、高校無償化で義務教育にして、成人年齢も18歳にしてしまえ、という意見。

そうそう、そうやって、施策を一本化しないと人間社会ではうまくいかないと思います。

ただ、高校3年生の間に、酒やたばこの解禁になる学生と、未だの学生がごちゃまぜになるのが
難しいところです。

よって、成人のタイミングは、年齢ではなく(義務教育化された)高校卒業時、かもしれません。

ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
RSSの方も!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

一時消息絶った貨物船、積み荷はミサイルか 英紙報道

元、落合信彦ファンの私としては、このような話、実際にあるのだなーと感慨深いです。

また、ゴルゴ13ファン(こちらも久しく読んでませんが)としても、おおぉスゴイ!と思いました。

だって、モサドは、海賊に狙った船を襲わせることができる、ということですよね。

経済ブログに何の関係があるのかって?

世の中、見えてないことが結構ある、常識では分からないこともある、ということでしょうかね。

----------------------------
一時消息絶った貨物船、積み荷はミサイルか 英紙報道
【ロンドン=共同】英仏間のイギリス海峡で7月末に消息を絶ち“消えた貨物船”として英メディアの注目を集めた船が、ロシア製の高性能の対空ミサイルをイランに運ぼうとしていたと、6日付の英紙サンデー・タイムズがロシアなどの情報筋の話として報じた。

 ロシア人船員が乗り組んでいた貨物船は北欧からアルジェリアに向かう際に行方不明になり、各国が捜索。8月にロシア海軍が西アフリカ沖で同船を確認、乗っ取り容疑でロシア人、エストニア人らのグループを逮捕した。ロシア当局は身代金目的と説明していた。

 しかし同紙によると、ロシアやイスラエルの情報筋は、積み荷はロシア製の対空ミサイル「S300」だったと指摘。ロシア情報筋は、これを察知したイスラエルの対外特務機関モサドがミサイル密輸を阻止するため、海賊行為の背後で動いたとの見方を示した。

 同情報筋は、犯行グループは積み荷の秘密を知らなかったとみられるとした上で「貨物船がイランに着くのをイスラエルが阻止するのに最も有効な方法は、この船をめぐって騒ぎを起こすことだった」と語ったという(日経新聞 2009年9月7日)。

----------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

これが日曜日夕方の首都圏、高速道路状況!!

高速道路が安く使えるのは、非常に助かっています(1000円高速、支持してます)。

ただ、この安く使えることと、極力渋滞が減ることを、うまく両立させる必要がありますね。

もともと、日曜日の夕方の高速道路は、上り車線が渋滞していたのですが、その渋滞が大型連休並みに成長?してきてます。

9月6日(日)夕方の首都圏高速道路状況
090906.gif

主要な高速道路は、1000円乗り放題レベルの需給だと、キャパ的にはいっぱいですね。

私は渋滞を避けたいので、日曜日に郊外に出た場合は20時過ぎに行楽地を発ち、都内に向かうようにしていますが、それでも30分程度は渋滞にぶつかります。

それだけ首都圏の人たちが地方にお金を持っていっている、という(地方にとって)良い面もあるとは思いますが、鉄道やバスの置き換え分もあるので、地方の景気刺激としての純増分は渋滞増加分とイコールではないでしょう。

とはいえ、家族持ちには、車だと子供を連れ出しやすい、という非常に大きなメリットがあり、子連れ外出の機会は確実に増えているはずです。

あとは既存のインフラを最大限に活用する、という方向性自体は、これから非常に重視されると思います。

----------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

一度しかない人生でなぜこの仕事をしているのか?

最近、日本の行く末とそこに貢献するべきである自分のキャリアについて、モンモンと思案することが多いのですが、日経ビジネスオンラインで見かけた、以下のお話、参考になりました。

大手書店の丸善で社長をされている小城武彦さんのこの一節。
 
----------------------------
「日本を元気にする」が、小城さんのライフテーマである。確かに、小城さんの周りの人は、みんな元気になっていく。小城さんは、この人は今元気なのかを判断するため、いつも2つの質問をするそうだ。

 「一度しかない人生でなぜこの仕事をしているのか」

 「今の仕事で成長を実感できるか」

----------------------------

仕事をする理由を体の芯まで納得できるものにすること、成長を実感できる仕事に(自助努力で)すること、それは今の仕事なのか、新しい仕事なのか、ともかく、よく考えていきたいと思いました。

----------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

日本経済と愛国心

単なる統計分析は別として、日本経済を語るには愛国心が不可欠だと考えています。

愛社精神の無い人間、会社がどうなってもよいと思っている人間、会社を利己的な道具にしたいと思っている人間の分析や考える施策など、誰が真剣に聞くでしょうか?

どこかの国の配下、支店かと思われるような言動、思考をする個人、組織の発信する日本経済に関する分析や施策は、反面教師にはなれど、そのまま正直に受け取ることはできません。

とはいえ、何が本当にお国のためになるのか、というのは非常に難しい問題であり、この部分の議論ならいくらでもするべきだと思います。

単に排他的ならば愛国的なのか?

違うと思います。

現在、輸出先としても輸入元としても、近隣諸国をはじめとした外国との関係が非常に重要です。

言うべきは言い、主張すべきは主張しながらも、譲るべきは譲ることも肝要と考えます。

さて、細かい論点は先々書くとして、悠仁さまのお誕生日、感慨深いです。

ちょうど3年前、仕事でヨーロッパにいた私は、9月6日の朝ですね、ドキドキしながらインターネットにつなぎ、ニュースを見て男子である悠仁さまのお誕生を知りました。

もちろんガッツポーズですよ。

あれから3年ですか、本当にお健やかにお育ちになられ、うれしい限りです。おめでとうございます!

--------------------------
秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁(ひさひと)さまが6日、3歳の誕生日を迎えた。

im20090906_03.jpg im20090906_09.jpg
 宮内庁によると、この1年で身長は6・5センチ伸びて94センチ、体重は約2キロ増えて13・6キロ。三輪車やボール遊びなど外遊びも活発に。地図を見て「そこへ電車で行ってみたい」と話したり、工具や電化製品のスイッチに「これはどうするものですか」と質問したり、この半年ほどで表現の幅がぐっと広がった。「これは何でしょうか」「水やりをしますか」といった丁寧な言葉遣いが多く、ご夫妻を「お父さま」「お母さま」と呼んでいる。
(記事と写真の引用元 読売新聞 2009年9月6日)
----------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

働く人が資本に負けた 水野和夫氏

今日も日経ビジネス9月7日号の話ですが、経済ブログとしては知っている人が多いでしょう、三菱UFJ証券チーフエコノミストの水野和夫さん記事、非常に参考になりました。

「利潤率がピークをつけた1974年を境に、世界は変わった。その後の新自由主義で先進国は金融市場に活路を求めたが、それも終焉した今、新しい枠組みはまだない。」

何やら意味深(当たり前)ですが、気になるのが、

「先進国の時代は終焉した。資本と国家、国民の利害は全く一致しないようになった」

というフレーズ。

僕ら日本人は先進国にいるんですが。

私なりの理解は次の通り。

74年までは、先進国でしか作れないものがたくさんあり、それを売ったお金で石油を始めとした安い資源を買って、先進国は豊かな生活を謳歌していた。

これは、東インド会社以来、数百年、続いてきた仕組みである。

74年の石油ショック以降、先進国の内部の需要は萎みながら、高くなった資源を買わざるを得なくなり、かつ、製品の開発、生産面でも途上国と競争が始まった。

ここで先進国は、金融資本主義に頼るようになった。国家も金融資本主義へ傾注し、結果として、(特に金融以外の)労働分配率は右肩下がりとなる。

これが、働く人が資本に負けた、ということでしょう。

07-08年に弾けた金融バブルは、この大きな流れの中で起きた最後の悪あがきが終わったのであり、同じ手がもう使いづらくなったとするなら、日本を含む先進国はその豊かな生活を維持していくための方策が、全く見えない状態だと言えます。

マクロ視点で、安く買って(作って)高く売るが難しい世の中になったのだとしたら、固定費の高い日本はどうしていくべきなのか?

答えのすぐ出ない問いですが、考えさせられます。
----------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 経営 - ジャンル : 政治・経済

景気底入れは幻想 政権交代の裏に隠れて

日経ビジネス9月7日号は、緊急特集として政権交代を滑り込ませている。

もちろん、先週の選挙結果を受けてから動いたのではないことは、著名人(3人だが)のコメントを集めていることからも明らかです。

この緊急特集に続いて、もともとの特集となっていた「景気底入れは幻想」は、昨今の株高が砂上の楼閣であること説明しています。

最も気になるのが、一年前の起きたリーマンショックがあまりにも大き過ぎ、その陰で通常なら非常に大きなインパクトになりそうな(金融)資産の崩壊が、先送りにされてきたこと、そしていよいよ、カンフル剤が切れるのと同時に、それらが表面化してきそうである、という点です。

大きく3つに分けると、

 1.米国の商業(施設)不振と商業不動産ローン担保証券(CMBS)の先行き不安

 2.北欧東欧の金融バブルの後処理がこれから

 3.東南アジアの成長に陰り(不動産投資の穴場だった)

です。

電子部品メーカーとして気になるのが、とりあえず1の米国商業不振。

現在、クリスマス商戦向けに製品を生産中ですが、米国でショッピングセンターが不振のままというのは、大きな懸念材料です。

実際、小物製品に使われるような部品は、まだ回復基調にありません。

2の北欧東欧の金融バブルは、欧州に不動産投資などされている方にとっては心配でしょうが、欧州はもともと、消費が活発な地域ではないため、日本に大きな直接インパクトは少ないのと考えます。

日系の輸出メーカーにとって懸念があるとすれば、ユーロ安の進行。

3の東南アジアの成長に陰りですが、中国やインドの回復がこれを相殺する形となっており、まずはこの2国の経済成長を見守りたいところ。

あとは逆説的ですが、「現状の株価上昇トレンドが、そのままファンダメンタルズを引き上げる可能性もある」という、元リーマン日本代表、安田育生さんの言葉が、どうなっていくかも見ていきたいです。

----------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも是非!クリックをお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

やったぜ!8月完走?

タイトルとは異なりますが、このアニメーション首都圏地価推移を見ていると、18年前の土地バブル崩壊以降、これからずっと土地は下がっていくのかな、と思わされます。

さて、タイトルに関係する話、8月は毎日、31日間、ブログの更新ができました!

単なる自己満足なんですが、カレンダーがすべて埋まっているのは快感です。

これも、毎日?ではないとは思いますが、読んでくださる方がいるから頑張れました。

毎日、何を書こうかと考えていると、日常のちょっとしたことに気づきを発見したり、記事の見方が深くなったり(と願いたいですが)、ブログを書くとよいことがたくさんあります。

これからも経世済民を、よろしくお願いします!

----------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。よろしければ、こちらも是非!クリックをお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 幸せなひととき - ジャンル : 結婚・家庭生活

我が家は年間100万円?医療費最高34兆円超 07年度

医療費の増大、普通に考えると高齢者医療にお金がかかっているのでしょうね。

それ自体は悪いことではないと思いますし、特に年をとってもできるだけ健康が保てて、かつ病気になったら安心して医者にかかれる社会というのは、素晴らしいことだと思っています。

とはいえ、一家4人の我が家でいえば、年間100万円ですか。

大きな手術でもすればすぐに行ってしまう金額かもしれませんが、夫婦に小学生二人の家庭では、そうそう、そのようなケースも少ないはずです。

答えは、お金が比較的かからない予防医療に力を注ぐ、でしょうか。

----------------------------
医療費最高34兆円超 07年度、今後も年1兆円増
厚生労働省は2日、2007年度に病気やけがのために医療機関に支払われた医療費の総額(国民医療費)が前年度に比べて3%増の34兆1360億円と過去最高になったと発表した。高齢者の増加や医療技術の高度化で1人当たりにかかる医療費が増えたためで、08年度はさらに増加したとみられる。民主党は今後、医療体制を拡充する方針だが、財源確保の明確な道筋は現時点では示していない。
 1人当たりの国民医療費も3%増の26万7200円で過去最高となった。国民医療費に占める65歳以上の比率は52%と、前の年度を0.3ポイント上回った。国民所得に対する国民医療費の割合も9.11%と0.24ポイント上昇し、過去最高となった。(日経新聞 2009年9月3日)
----------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。よろしければ、こちらも是非!クリックをお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

連合、自治労や日教組といった労働組合を母体に持つ民主党、がんばれ!

 先日、8月26日ですが、第4回の経世済民塾へ参加してきました。

 衆議院選の結果が出てから書こう、と思っていたのですが、東光英昭さんのお話、元JRの幹部職として国鉄民営化やその後の改革も経験されており、非常に含蓄のあるお話でした。

 なぜ、選挙の結果がでてから書こうと思ったか、というと、今となっては大した理由は無いのですが、当時の国鉄組織を改革していくにあたり、強大な労組とのやり取り、交渉が非常に重要であったということなので(詳細は割愛)、果たして各種労組を支持母体の一つとする民主党が、官僚、自治体の改革に本当に切り込めるのか、不安と期待が交錯していたためです。
 
 民主党は、まずは労組に属さない管理職組織などから手をつけるのだと思いますが、この改革の進捗はできるだけオープンにしていただき、国民全体で見守るべきテーマだと思っています。
 
----------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。よろしければ、こちらも是非!クリックをお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

何?末端価格5000万円?大麻草30株、自宅で栽培…埼玉の男を逮捕

麻薬の類は、弱い人間を堕落させ、結果として犯罪率を上げてしまうので、厳格に取り締まるべきものと理解していますが、それにしても自宅で30株栽培すると、末端価格で5000万円になる、と聞くとホント、後から後から手を出す人が出てくるでしょうね。

大麻の個人使用について、西欧ではオランダを筆頭に、合法、もしくは黙認というのが現実なのですが、日本ではそのような状態になって欲しくないものです。

地道な捜査、捜索と、モラルアップしかないですね。

----------------------------
大麻草30株、自宅で栽培…埼玉の男を逮捕
自宅で大麻を隠し持っていたとして、埼玉県警は28日、同県川口市、自営業xxx容疑者を大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。

 県警は自宅敷地で栽培されていた大麻草約30株を押収し、販売目的とみて種の入手先や販売ルートを調べる。

 県警は「民家で大麻草らしいものが栽培されている」との情報を得て、28日午前、同法違反(栽培)容疑で菊地容疑者宅を捜索。小学校の向かい側にある木造2階の一戸建ての裏に、虫よけネットで囲われた大麻草約30株が、草丈約2メートルにまで成長していた。

 栽培されていた大麻草は乾燥させて販売した場合、少なくとも約10キロ(末端価格約5000万円)に上るとみられる。

(2009年8月28日15時07分 読売新聞)
----------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければ、是非!クリックをお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。よろしければ、こちらも是非!クリックをお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

キタキター「族議員、もう守ってくれない」困惑の官僚

国民はこういう展開、というか改革?を期待して民主党に投票したのでしょう。

既得権でガチガチの世の中・・・、右肩上がりのときはそういう「分配」に力を入れてもよかったのでしょうが、もう、そういうわけにもいきません。

自民党が悪い、というより、過去のやり方が通用しなくなった、ということなのだと思います。

前回の参院選で、民主党が躍進して過半数を取った後、官僚、霞ヶ関の悪癖?がボロボロと表面化したのがつい先日のことです。

これから、どのようなことが表面化してくるのか、それに伴い、賢い官僚たちがどう対応していくのか、目が離せないところだと思います。

----------------------------
「族議員、もう守ってくれない」困惑の官僚
予算の大幅な組み替えを主張する同党が衆院選で大勝したという現実を前に、官僚たちの間には「新しい大臣は、どんな指示を出すのか」と動揺が広がっている。

 「これまでは大臣から何か言われても、自民党の族議員の先生が守ってくれた。でも、もはや通用しない」

 2兆9480億円の概算要求を提出した農林水産省。あるキャリア官僚は「マスコミが民主党の圧勝を予測していたので、選挙結果にはそれほど驚かなかった」と冷静を装いながらも、「どのような影響が出るのか、わからない部分がある」と不安を口にした。

 例年なら、概算要求の提出前に、自民党農水族に説明して「お墨付き」をもらうのが慣例だったという同省。それが今年は議員が皆、衆院選準備で地元に帰ってしまい、事前の根回し抜きの予算要求になった。ある幹部は「これから自民党に説明していいのかどうかもわからない」と困り果てた表情。
(2009年8月31日17時41分 読売新聞)
----------------------------
ご覧いただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しており、よろしければクリックをお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。よろしければクリックをお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓



テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
552位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
137位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。