スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にわかに・・・日航再建、政府主導で練り直し 支援機構を活用

実はまだ、ホームページも立ち上がったばかりの企業再生支援機構が、にわかに注目を浴びてきました。

グーグルで検索すると、10月30日時点では、まだ準備室なるものが引っ掛かるだけです。

ということで、HP上の情報も、発表資料の体裁を整えた程度のシンプルなものしかありません。

ですが、仕事はいきなりJALの再建。大変ですね。

日本の大手企業で、最後に残った大物不振企業がJALです。

当初、対決姿勢も見受けられた作業部会(JAL再生タスクフォース)が、支援機構を活用すべき、と結論付けたということは、JALを含め3者の間に十分なすり合わせがあったはずです。

JALの再建計画について は、非常に厳しいものになると想定しています。

で、最後の大物不振企業、と書きましたが、実は第三セクターや自治体などでは、規模感はともかく経済的にヤバイ組織体が、まだまだたくさんあります。

これらもどうしていくのか、支援機構の重い課題となります。
(おっと、やばいから支援機構の対象外になったんでしたっけ)

ということで、日本経済の重い課題となります、ですね。

さて、産業革新機構については、今年、いくつか産業革新機構のエントリを書いていますが、先に立ち上がったにもかかわらずこちらのほうは表立った活動が見えません。

採用活動も、表にはでてきてないです。

いずれにしても、企業再生支援機構の採用は、産業再生機構同様、銀行や出資企業、官公庁からの緊急出向で乗り切るはずです。
----------------------------------
日航再建、政府主導で練り直し 支援機構を活用
前原誠司国土交通相は29日、日本航空の経営再建に公的機関の「企業再生支援機構」を活用する方針を正式に表明した。日航は支援機構のもとで再建案の策定に取り組み、来年1月をメドに支援策が決まる見通し。機構は公的資金による資本増強や企業年金の大幅減額などを検討する。日航再建は国交相直属のタスクフォース(作業部会)が主導してきたが、今後は政府が強力に関与する形で練り直しとなった。

 国交相は29日午後、作業部会から「日航再建は企業再生支援機構に委ねるべきだ」との内容の報告書を受け取り、その後の記者会見で「支援機構に(事前相談を)申請することを(日航に)指示した」と述べた。鳩山由紀夫首相は同日夕、記者団に「前原国交相も一生懸命やっている。プロセスが間違っていたわけではない」と語った。

 日航の西松遥社長は同日、支援機構の西澤宏繁社長を訪ね、再生支援に向けた事前相談を申請し、受理された。支援機構は資産査定を進め、その管理下で日航が詳細な再建計画を策定。機構は来年1月をメドに支援の可否を決定する。 (日経新聞 2009年10月29日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

内容が経営だと思われたら!是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
こちらも3位以内に入りたいです。
 ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 経営哲学・経営理念へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


スポンサーサイト

テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
292位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。