スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事情通の見方・・・事業仕分けでノーベル賞受賞者ら

テレビを中心に、話題になっている事業仕分け。

やはり映像で見ると、声のトーンや表情など、分かりやすいですよね。

議員が、強引にやってるなーという印象を持っている人も多そうです。

何も考えてないのじゃないか、と。

本来、事業の仕分けは戦略に基づいて行うべきですが、明確な戦略、でてませんよね。

では、明確な戦略がないことが問題なのか。

昨日聞いた、事情通の意見は、

「戦略がまだできてないのは仕方ない。が、それを前提に、まずは大きく事業予算をカットし、そのうえで調整しながら予算を戻せば、結果的に、民主党が自主的に作った予算になる」

とのこと。さすが事情通の方は、含蓄がありますね。

小沢一郎氏なら、そのくらいは考えていそうです。

そもそも、いま仕分けている予算は、自民党時代にできたものですから、事業仕分けという儀式を経ないと、民主党らしさが出せないことになりますし。
------------------------------------
「若手育成、将来の投資」 事業仕分けでノーベル賞受賞者ら
政府の行政刷新会議による「事業仕分け」で廃止または縮減と判定された科学技術関連予算について、ノーベル賞受賞者ら「日本の頭脳」とも呼ぶべき科学者らが25日、相次いで予算縮減に危機感を唱えた。「天下り」や無駄な予算計上が問題となる中、科学者からは「科学技術の振興、若手育成は将来への投資」「人材流出が進む」といった意見が出た。

 東京大(東京・文京)で記者会見したのは江崎玲於奈・茨城県科学技術振興財団理事長、利根川進・米マサチューセッツ工科大教授、野依良治・理化学研究所理事長、小林誠・高エネルギー加速器研究機構名誉教授のノーベル賞受賞者と、「数学のノーベル賞」と呼ばれるフィールズ賞受賞者である森重文・京都大教授。5人連名で声明を発表した。

 事業仕分けでは、一部企業が不参加を決め、計画再考を求める声が上がった次世代スーパーコンピューター開発事業などが凍結されるなど、科学技術関連予算が大幅に減額されている。 (日経新聞 09年11月25日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

内容が経営だと思われたら!是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
こちらも3位以内に入りたいです。
 ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経営ブログ 経営哲学・経営理念へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


スポンサーサイト

テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1455位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
357位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。