スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国は二番底を吹っ飛ばす勢い・・・一日本人としてどうする

今年、自動車の生産台数が世界一になるであろう中国。

これはバブルなのか?

いえ。

日本や欧米に比べ、購入時の一台当たりの政府補助が小さい中での躍進なので、例え政府補助がなくなっても、需要が冷えこんで二番底、ということにはならないのではないかと想定されています。


日本では、補助があってお得だから買う、という流れがありますが、中国では必要だし買えるので買う、補助があるならそれはラッキー、程度ということです。

車が売れれば、次は道路整備、修理ビジネス、カー用品、行楽地など、次々とビジネスチャンスが生まれます。


そして、さらに有望な話は、中国ではこの先20年で、100万人都市が200~300個ほど増えるとのこと。

つまり、都市化が進んで人口の集中する場所が増える、ということですね。

都市化とそれを支えるインフラ関係のビジネスが、非常に魅力的ではないでしょうか。

日本の高度成長と都市化の進展に合わせて成長した産業は何であったか、など考えてみるのも楽しいです。

正直、中国の発展と日本人のビジネスチャンスは、切っても切り離せないものと思っています。

----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ


こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


スポンサーサイト

テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
723位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。