スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紆余曲折のようですが・・・グローバル化が決め手 経団連会長に米倉氏

 現会長である御手洗さんとして、後任の条件の一つに、「グローバル展開する製造業企業から」がありました。

 この条件には賛成です。
 
 外需を取り込むには、何を海外の人に買ってもらうか、なんですが、やはりモノを買ってもらえるのが一番、日本には向いています。

 
 向いていることを徹底的にやるのが、一番いいですよ。 

 サービスの国際展開って、過去、うまくいってませんよね。
  
 あっても日系企業向けばかり。
 
 製造業は、本社で集中管理すべき事柄が多いのですが、この点、日本は本社でまとめるのが得意なわけです。
  
 が、サービス業は本社が頭でっかちだと、現場が顧客を向かなくなってしまいます。
 
 海外拠点に任せる度量が不足していますし、日本は海外に委任する文化がありません。

 本日の日経新聞には、後任選びには紆余曲折があったと書かれていますが、それでも条件に合った人が副会長にいてよかったですね。

 15人いる副会長から選ぶ、という条件も御手洗さんの中にあったわけですし。

----------------------------------
グローバル化が決め手 経団連会長に米倉氏
日本経団連の次期会長就任が固まった米倉弘昌・住友化学会長が直面する環境は厳しい。景気の先行きには不透明感が漂い、民主政権も経済界とは距離を置く。派遣労働者への規制強化や地球温暖化対策など、経済界が反発を強める政策も少なくない。それでも日本経済を成長軌道に乗せるには、民間の発想を政策に生かすことが不可欠だ。政官との連携をいかに進めるのか。米倉氏は「経済界のリーダー」として、その重責を担うことになる。

 経済界でかねて国際派として知られ、日米財界人会議の議長も務める米倉氏に、御手洗冨士夫経団連会長が期待するのは「グローバル感覚」だ。日本は人口減少など厳しい構造要因を抱えるだけに、新興国など海外の市場に活路を見いだそうとする企業の動きは止まらない。米倉氏も住友化学のトップとして、同社の海外展開を主導した。とどまるところを知らないグローバル化の進展が、「米倉経団連」の決め手になったともいえる。(日経新聞 10年1月24日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


スポンサーサイト

テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
240位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。