スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国自動車大手、金型大手オギハラの工場買収 BYD、日本の技術取り込む

考えさせられるニュース。

良いことなのか悪いことなのか。

中国資本が日本の技術を買うのは、これが初めてのケースではないので、驚くことではありません。

特にファンドの支配下にある会社であれば、どこにでも売られる可能性があるわけです。

私は、この流れ自体を支持します。

なぜなら、技術のある日本の企業が立ち行かなくなった原因は、日本自身にあり、それを外資の刺激により眼を覚ます必要があると思うからです。

日産も同じでした。

原因は社外ではなく、社内です。

日本の会社が海外に移転してしまうより、中国資本が来ることのより会社が日本に残るほうがよっぽどよい。

そう思っています。

----------------------------------
中国自動車大手、金型大手オギハラの工場買収 BYD、日本の技術取り込む

 中国の大手自動車メーカー、比亜迪(BYD、広東省)は、日本の金型大手オギハラ(群馬県太田市)の工場を4月に買収する。自動車の車体を複雑に成型できる高い技術と技能を取り込み、中国で生産する車種に活用する。中国の製造業は技術やブランドを持つ先進国の企業を買収する動きを本格化させており、同様の動きは日本でもさらに広がりそうだ。

 BYDが買収するのはオギハラが日本に持つ4つの金型工場の一つである館林工場(群馬県館林市)。ボンネットなど車体を構成する鋼板の金型などを生産している。BYDは4月1日付で土地や建物、設備のほか、約80人の従業員を引き継ぐ。買収額は明らかにしていない。

 BYDは自動車では後発だが、2009年は中国で約45万台を販売、乗用車でシェア6位まで上昇した。特に価格を外資系の半分程度に抑えた小型車「F3」(排気量1500cc)がヒットし、モデル別販売台数で首位になった。

 従来金型も自社生産してきたがデザイン性と剛性が必要な車体用は特に難しく、複雑な曲面を多用する日本や欧米勢の車種とは商品力には差があった。このため、取引があったオギハラに工場買収を打診。設備過剰を解消したいオギハラも合意した。

 買収後は館林工場で高精度の金型をつくって中国に持ち込み、量産ラインで使う。中国人社員を派遣し、オギハラのベテラン技能者からの技術継承も目指す。金型技術を磨くことで、輸出も視野に入れた品質と競争力の向上を図る。

 オギハラはものづくりの基盤となる金型の技術の高さで知られ、国内外の大手メーカーに自動車用の製品を供給してきた。ただ円高と内需低迷などで1990年代半ばから業績が悪化。09年3月期の単独売上高は約225億円、最終損失が19億円と3期連続の赤字となった。

 この間、02年には米投資ファンドのリップルウッドによる買収計画が表面化。03年に大和証券SMBCグループが筆頭株主となり、09年にタイの自動車部品大手、タイサミットの傘下に入った。館林工場の売却で国内生産能力を2割程度削減し、収益力を立て直す。

 中国の製造業は技術力強化などを狙って先進国の企業や事業部門の買収に積極的。事例が少なかった日本でも、今年2月に部品メーカーの寧波韻昇(浙江省)が旧いすゞ自動車系の電装品メーカー、日興電機工業(神奈川県秦野市)を買収するなど次第に活発になっている。(日経新聞 10年3月27日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


スポンサーサイト

テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1231位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
310位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。