スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米企業の収益改善鮮明に、1~3月期36%増益

アメリカの消費市場、悪くないよ。

そんな声が、実際に聞こえてきています。

昨年の今頃は、米国の消費、全く駄目でした。

今年は6月にある父の日向けプレゼントの生産が、世界の工場である中国で活発に行われており、そんなこともあって部品や素材の不足が叫ばれているわけです。


金融面ではまだまだ不安のある米国ですが、実体経済の底固さは本物であり、二番底は来ない感触。

ただし、それは数量が出る、という意味が強く、価格、品質面ではベーシックな製品が売れる見込み。

これも、高付加価値品が得意な日本には逆風ですね。

----------------------------------
米企業の収益改善鮮明に、1~3月期36%増益
 米国企業の収益改善の傾向が鮮明になってきた。2010年1~3月期の最終利益は前年同期比36%増と2四半期連続の増益となる見通し。増益率は鈍化するが、金融緩和の効果や世界的な景気の持ち直しで金融や素材など主要業種で軒並み増益を見込んでおり、業績改善が幅広い業種に広がりつつある。業績の安定した伸びが、このところの株高につながっている面もある。

 4月中旬から本格化する決算発表を前に、米調査会社トムソン・ロイターがアナリスト予想を集計した。1日時点のまとめでは、米主要500社の1~3月期は売上高が前年同期から10%増える見込み。昨年10~12月期(7%増)に比べ、増収率は拡大する。金融危機後に米企業はコスト削減を優先してきたが、このところは新興国の需要増などによる売り上げ増が利益を押し上げている。

 米住宅バブル崩壊を機に昨年7~9月期まで減益が9四半期続いた最終利益は、昨年10~12月期に金融業の損益が大幅に改善したことから前年同期比3倍と異例の伸びになった。10年1~3月期はこのときより増益率は小さいが、回復傾向が多業種に広がるとみられる。(日経新聞 10年4月4日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


スポンサーサイト

テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
734位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
176位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。