スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雇用は最高の福祉・・・自殺の原因、「失業」65%増 「生活苦」も目立つ

病院では、今日も人命を救うため、必死の治療が行われています。

一方で、人命が自殺という形で断たれている。

もったいない話です。

自殺の約半分は、理由が健康問題。

が、これにしたって、経済的に恵まれていれば、健康に問題があっても自殺しなかった可能性が高い。


大金がある必要はありません。

食べていけるだけの仕事がある、仕事ができなくなったときに一定の補償がある。

それって、社会の維持のため非常に重要。

日本での経済的な活性化、絶対に必要です。

株主のため、とかではなく。
----------------------------------
自殺の原因、「失業」65%増 「生活苦」も目立つ  警察庁09年まとめ
 警察庁は13日、12年連続で3万人超となった昨年の自殺者の動機や年齢などをまとめた結果を発表した。特定できた原因・動機では、「失業」が65.3%増の1071人、「生活苦」が34.3%増の1731人となるなど、長引く景気低迷の影響で「経済・生活問題」を理由とするケースが大きく増えた。人口に占める自殺者の割合は50代が最も高かった一方、20代と30代では過去最高を更新した。

 自殺者は2008年秋のリーマン・ショック直後に増加し、09年も高い水準が続いた。同年の年間自殺者数は3万2845人で、前年比1.8%増。1月公表の暫定値より92人増えた。男性が同2.8%増の2万3472人(全体の71.5%)となったのに対し、女性は同0.5%減の9373人(全体の28.5%)。

 このうち、全国の警察の調べで原因・動機が特定できた2万4400人余りについて、1人につき3項目までまとめたところ、最も多かったのは前年と同様に「健康問題」で、延べ1万5867人(前年比4.7%増)に達した。

 健康問題の内訳では、うつ病が6949人(同7.1%増)。全年代を通じて最も多く、30~60代ではいずれも1200人以上に達した。

 「経済・生活問題」(延べ8377人)の内訳では、事業不振や就職失敗などを背景とした生活苦や失業が大幅増となる一方、多重債務は5.9%減った。「勤務問題」(延べ2528人)では、仕事の失敗や職場環境の変化などが目立った。

 人口10万人当たりの「自殺率」は、20代は24.1人(0.8人増)で2年連続増加、30代は26.2人(0.1人増)で3年連続増加。ともに統計のある1978年以降で最も高くなった。年代別で自殺率が最も高かったのは50代の38.5人。未成年と70代はいずれも前年を下回った。(日経新聞WEB版 10年5月13日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓



スポンサーサイト

テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
244位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。