スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタクロースという社会実験について

新年、明けましておめでとうございます。

すっかり、記事を書くのが止まってしまいましたが。

新たな年を迎えるにあたり、気づいたことなど、書いていきたいと思います。

さて、クリスマスイブから一週間ほど経ちましたが。

サンタクロースと言うのは、壮大な社会実験だなーと、感じています。

うちの小学校の息子、二人は、まだ信じているのですが。

今年のクリスマスイブ。

夜7時くらいに、5年生の長男が、一言。

「時差があるから、もう配り始めている国があるはずだ」

と言いました。

ニュージーランドのように時差で先行する国は、すでに夜9時をまわっていて。

確かにサンタクロースがプレゼントを準備し始めてもおかしくはないけど。

おいおい、それって、どうなのよと、思った次第。

時差を知っていて、中学受験では理科が得意な長男ですら。

サンタクロースの存在を、疑わないとは。

子供たちが最も信頼するテレビにおいて。

サンタクロースを否定するコメントは一切でてきません。

子供の夢に対する一定の配慮なのでしょうし。

子供たちは子供たちで。

サンタクロースがいてくれたほうが、得なわけですよね。

希望のプレゼントが届くわけですから。

つまり、マスコミで否定的に報道せず。

そのことがあったほうが自分に有利な事象は。

非科学的な内容であっても、信じられてしまう。

それって子供だからだとは、とっても言えないと思います。

ということで、とりとめの無いつぶやきになりましたが。

今年もよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
895位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
216位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。