スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅きそう・・・「フラット35」金利、10年間1%下げ 補正予算成立後に

来年2010年は、住宅取得資金を対象にした贈与税の非課税枠を1500万円(現行500万円)に拡充の方向、というニュースも出ているわけです。

そこにきて、このニュース。

フラット35の金利が、10年間、1%下げとは。

国策に売りなし、という株式市場の格言もありますね。

確かに住宅着工が42年ぶりに(大幅に)100万戸を切るという厳しい状況ではありますが、(他にも施策があるでしょうし)底割れは回避か。


古い住宅、多いです。

リフォームもありますが、車の補助に対する買換え需要を見ても分かる通り、新品志向は存在します。
----------------------------------
「フラット35」金利、10年間1%下げ 補正予算成立後に
 住宅金融支援機構は24日、民間金融機関と提携した長期・固定金利型住宅ローン「フラット35」について、当初10年間の金利を通常より1%下げると発表した。2009年度第2次補正予算案に盛り込まれた措置で、来年の補正予算成立後に速やかに実施する。

 省エネルギー、耐震、バリアフリー、耐久性・可変性のいずれかを満たす住宅が対象。現在はこれらの住宅を対象に当初10年間、金利を0.3%優遇しているが、引き下げ幅を拡大する。期間は来年12月30日まで。すでにローンを申し込んだ人でも、融資実行を遅らせれば対象になりうる。

 民間金融機関の住宅ローンに機構が保証をつける「住宅融資保険」の保険料も下げる。現在の保険料は融資額の0.16~0.25%だが、これを一律0.05%下げて0.11~0.20%にする。同保険を利用する金融機関のローン金利の引き下げにつながる。(日経新聞 09年12月24日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
292位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。