スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀井金融相、ペイオフ引き上げ「金融機関から声がない」

ペイオフ限度額と郵貯限度額が、それぞれ1000万円なのは単なる偶然なのか。

いえ、これ金額が一致しているのは、郵貯は破綻しないという前提で、整合性をとったからではないですか。

だとすると、郵貯限度額を2000万円に引き上げるのであれば、自動的に預金のペイオフ限度額を実質的な追加コスト無しに2000万円にする。

そのように自ら調整するのが、中立的な立場が求められる金融担当相として、あるべき姿かなーと。

金融担当相が郵貯に肩入れしているように取られかねない態度は、マイナスですよね。

そもそも、郵政と金融を一人の大臣が担当してよいのか、という問いもありますが。
----------------------------------
亀井金融相、ペイオフ引き上げ「金融機関から声がない」
亀井静香郵政・金融担当相は2日の閣議後の記者会見で、郵貯限度額引き上げに絡み取りざたされているペイオフ(預金などの払戻保証額を1000万円とその利息までとする措置)上限額引き上げについて「(金融機関が)自分たちから言ってくるのが当然だが、声がない。余力があるのであれば強制的にやるのはおかしい」と述べた。

 ペイオフ上限額が引き上げられた場合に、金融機関の負担軽減を巡って焦点となる預金保険料の引き下げについては「2010年は現行水準を維持する予定だが、業界から声が出れば(引き下げは)やぶさかではない」と述べ、柔軟に対応する姿勢を示した。(日経新聞 10年4月2日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
539位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
129位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。