スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPadがやってくる 日の丸部品、蚊帳の外

一発目の企画は、きめ細かな対応をする日系部品メーカーに頼るが、二回目以降はスペックを韓国や台湾、中国のメーカーに開示して、安く作らせる。

実際、そんなことが行われています。

私もその現場(日系部品メーカー)にいるわけでして。

ま、安く作る技術や仕組み、構造ができていない日系企業の責任ではありますが。

これだと、安定して量がでるモデルにおいて、日系メーカーの出番が確実に減ります。

そして、最終製品において部品の役割が相対的に減ってきて、ソフトやアイディアでモノづくりする時代になってきています。

iPadなんて、その典型。

部品メーカー、受難の時代ですなー。

安く大量に作れる道をトコトン究めるか。

はたまた、モジュール化など付加価値の取り込みに進むのか。


岐路に差しかかっています。

----------------------------------
iPadがやってくる 日の丸部品、蚊帳の外

 米アップルが4月3日、メールやインターネット閲覧、書籍やゲームなどが楽しめる新型の多機能携帯端末「iPad(アイパッド)」を米国で発売する。携帯音楽プレーヤー「iPod、多機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」で培った機器とコンテンツ(情報の内容)配信を組み合わせた販売手法に電子書籍を追加。「携帯とパソコンの間」に生まれる新市場は世界で年間500万台に達するとの予想もある。日本企業はこの大波に乗れるのか。

 iPadに採用された電子部品を分析すると、日本製の影はあまりにも薄い。供給力と価格の両方で高い次元の競争力が求められる年間12億ドルの商談で、日本の電子部品産業は蚊帳の外に置かれた格好だ。

「かつてiPhoneを立ち上げた時にはタッチパネル部品の9割以上が日本製だったのに、今では台湾と中国製がほとんどだ」。ディスプレイサーチの氷室英利ディレクターはこう分析する。「日本メーカーの電子部品で新製品を立ち上げ、それを研究してコストの低いメーカーを開拓していくのがアップル流」

 iPhoneで供給量を絞られた日本勢にしてみれば、iPad受注のために大型投資に踏み切るには勇気がいる。しかし、供給力がなければ、相手にされない。手ごわい取引先であるアップルと付き合う上で、日本勢が抱えるジレンマだ。

存在感増す台湾EMS

 存在感を増したのは台湾のEMS(電子機器の生産受託サービス)事業者だ。iPadの製造を引き受けたとみられる鴻海(ホンハイ)精密工業グループはアップルに部品のコスト削減提案を繰り返し、今回の受注を獲得したとされる。米アイサプライによるとiPhoneは2007年の発売時は227ドルだった部品の総コストが、08年には174ドルと25%も下がっている。

 台湾のEMSが選ばれたのはコスト競争力だけではない。調整弁の役割も大きなポイントだ。アップルは市場の需要変動に合わせて、生産量を一気に増やしたり、減らしたりするからだ。

 これらを実現するためにつくり上げたのが台湾メーカー中心の供給体制だ。EMS活用の調査・助言を手がけるEMSOne(東京・千代田)の尾崎剛取締役は「台湾企業の中国工場を駆使したサプライチェーンで、見事なまでにほぼ完結している」と指摘する。

フラッシュメモリーは日本製も


 フラッシュメモリーや携帯向け高周波部品、水晶振動子など競争力が高い部品では日本メーカーの製品が採用されているようだ。ただ、液晶ディスプレーを供給するセイコーエプソンは供給元としては3番手。月間16万~30万枚を供給するとされる韓国勢に比べて1ケタ小さくなるもよう。

 台湾勢に混じって中国の電子部品メーカーも頭角を現してきた。リチウムイオン電池では、中国メーカーでBYDに次ぐ2位の供給能力を持つ天津力神電池だ。中国政府の後押しを受け、技術力を磨き、大規模な設備投資にも踏み切った。(日経新聞 10年4月3日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
318位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。