スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来春大卒採用、NEC3倍300人・日本電産2倍

過去の採用水準に比較すれば、本格回復とはいえないまでも、新卒採用が急反発する模様。

ひとまず、よい話。

若手が活躍する場すらないというのは、先輩として申し訳ない話です。

団塊の世代が抜ける穴は、継続的に埋めていかないと企業の将来性も危ういということ。

が、採用ゼロの企業数も、前年並みの160社ほどあるらしく。

ここでも二極化ですね。

----------------------------------
来春大卒採用、NEC3倍300人・日本電産2倍
 日本経済新聞社が21日まとめた採用計画調査(最終集計)で、2011年春の大卒採用人数は43業種のうち26業種で前年を上回った。製造業は電機など7割の業種で採用が増える。NECは3倍、日本電産グループは約2倍に増やすなど、IT(情報技術)関連の技術者確保などに向け理工系学生の採用意欲が高い。ただ、全体水準はまだ低く、採用ゼロの企業も前年度並みの160社に達した。

 製造業は10年度に採用を絞った反動もあり、繊維や化学、窯業、精密機械といった幅広い業種が拡大に動いている。

 日本電産グループは10年度の2.2倍にあたる420人を採用する計画で、うち7割強の320人が理工系。電気自動車や省エネ家電向けモーターの需要が世界規模で拡大するなか、「優秀な人材を獲得する好機」(永守重信社長)とみて技術者不足に対応する。

 NECも大学院修了を含む採用数を3倍の300人に増やす。前年度を上回るのは3期ぶり。ネットワーク経由でソフトウエアや情報サービスを提供するクラウドコンピューティングなどの戦略分野に重点配置する。ただ、09年度までの数年間は600~800人の新卒を採用しており、本格回復とは言い難い。

 ヤフーも倍増の約300人で、うち3分の2は技術職になる見通しだ。企業側の採用計画でも大卒理工系は大卒文科系を上回る伸び率だった。

 一方、消費者の節約志向や企業の出張費削減などで取扱高が減少傾向のJTBグループは150人ほど少ない約400人を計画する。みずほフィナンシャルグループは約470人減、三井住友銀行は243人減と金融機関も減少幅は大きい。

 ただ、日興コーディアル証券は3倍強の500人に増やす。市場環境はなお不透明とはいえ、昨年10月に三井住友フィナンシャルグループの傘下に入っており、M&A(合併・買収)など法人部門の拡大を急ぐ。(日経新聞WEB版 10年4月21日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

コメント

No title

これはちょっとマズイんじゃないですかね?
高校+大学新卒者が多かった90年代は採用数を大幅に絞っておいて、少子化が進み高校+大学新卒者が大幅に減った2000年代に入って大量採用。

500人の中から50人採用するのと、300人の中から100人採用するのとでは、社員の質が全く変わってくると思うのですが…。端的に言うと、社員の質が下がる。

日本企業は自滅路線に走っているのでしょうか?

ぽんぽんさんへ

景気の波が新卒採用に影響を与えるとはいえ、極端に減らしたり増やしたりして、確かにおっしゃる課題はありますね。

人数の多い世代に、結果として(収入の比較的少ない)非正規社員の割合が多くなったのは、日本経済の損失だと思います。

日本人の社員はコストにも見えますが、国内消費の需要でもありますから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
901位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
219位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。