スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本質的に強くなる必要あり・・・日本発インフラ輸出、「勝てない」事情

比較的、質を重視する日本。

が、技術スペックより値段を重視して買うこと、特に最近、多いです。

例えば家電量販店での買い物。

こってり機能の付いた製品ではなく、30%ほど安いモノを買ったり。

洋服でいえば、デザインや素材より、価格とのバランスでユニクロを買う。

新興国でのビジネスでは、その傾向がさらに顕著です。

韓国の原発、UAEでの入札で日本製に対して4割安かったとのこと。

これだけ価格が異なると、勝負が非常に厳しいです。

官民協働すれば、という単純な問題ではない。

どうすれば安くできるのか。

ここの部分、突き詰める必要があるのですが、日本は年をとってしまったのか、安く作ろうというチャレンジ精神が、社会の中にいまひとつ感じられません。

ただ、パイの広がっていく分野においては、このチャレンジをする者だけが、勝てるのではないでしょうか。


----------------------------------
日本発インフラ輸出、「勝てない」事情

 「韓国勢がアラブ首長国連邦(UAE)に示した入札価格は、日本の当初額のわずか4割。そもそも勝ち目がなかった」――。

 韓国勢に手痛い敗北を喫したUAEのアブダビ首長国での原発建設プロジェクト。昨年末の落札段階では差は多少縮まったようだが、精いっぱい妥協した日本勢を韓国は初めから圧倒していた。内々に敗因をさぐっていた政府の担当者は、この報告を得て、ただ嘆息するしかなかった。

UAEに続き、2月にはベトナムでも日本勢が敗退する。東南アジア初となる原子力発電所建設の第1期工事。今度はロシアの国営原子力企業が落札した。「2つの案件以外にも、入札前に断念したケースも多く、大型プロジェクトでは敗戦が目立つ」(政府関係者)

 政府の危機感に、いよいよ火が付いた。

 「次に危ないのはどこだ」。この春、支援対象のプロジェクトが列挙され、5月の連休中に予定する閣僚らの外遊に向けた調整が急ピッチで進んだ。折しも政府内では6月にまとめる成長戦略のため、政策メニューを洗い出しており、経産省や国家戦略室が練っていたインフラ輸出の支援策が、一気に俎上(そじょう)にのぼった。あわせて11人の閣僚が連休中の外国訪問を決め、多くはインフラの受注で得点を稼ごうと意気込んだ。

にわか仕込みの営業外交

 しかし、閣僚が働きかければ事が足りるほど現実は甘くない。相手国の要求をくみ上げ、粘り強く交渉を重ねた末に、首脳や閣僚が出向いて政治決断で最後の溝を埋める――。「トップセールス」とは本来、地道な作業を締めくくるダメ押しの一手だ。

官民あげた強化策なお課題

 政府はプロジェクト受注へ関連企業がスクラムを組む「企業連合」の形成を後押しするほか、日本の強みである円借款、政府系資金や貿易保険の仕組みも活用して、企業への支援をてこ入れする方針。さらに、勝てる企業を育てるための国内市場の改革も視野に入れる。

 一方、政府支援を生かす企業側も受注合戦に勝ち残るために、提携や再編などを通じた大胆な効率化が急務だ。

 ベトナム最大企業の国営ペトロベトナムが総額3兆円規模の大型投資案件で日本企業の優先参加を検討するなど、日本の技術や資金に対する新興国からの期待は根強い。米モルガン・スタンレーによると、世界のインフラ投資額は2030年までに41兆ドル(約3700兆円)。これをすくい取るためには、政府、企業が解決すべき課題はまだまだ多い。(日経新聞WEB版 10年5月26日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
781位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
199位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。