スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネーミング通り先送っただけ・・・亀井金融相辞任、どうなるモラトリアム法

結局、モラトリアム=先送り法というネーミング通り、問題を先送っただけになりそうです。

当のご本人が辞めてしまったわけですし。

本来、先送っている間に、経済成長に目途をつけ、先送られた問題を将来、収入増で解決するしかないはず。

そのための収入増の策はあったのか。

それとも、先送るといつの間にか問題が解決していた、右肩上がりの経験しかない人の無根拠な発想だったのか。


私は、後者が答えのような気がしています。

そして、そのような発想による判断は、いまだに多くの日本企業で行われているとも感じています。

----------------------------------
亀井金融相辞任、どうなるモラトリアム法
 亀井静香郵政・金融担当相が辞任を表明した。焦点の郵政改革法案の成立は参院選後に先送りされるが、もう1つ注目されるのが、亀井氏が制定を主導した中小企業金融円滑化法(通称モラトリアム法)の行方だ。中小企業や個人向け融資の条件変更を金融機関に促す同法の施行から半年。資金繰りに苦しむ中小企業や個人は一息ついてきたが、返済を猶予する「先送り」の限界も見えてきた。民主党は亀井氏が閣僚を辞任しても現在の路線を続けるのかどうか。

 大阪に本社を置く食品卸会社は5月末、取引先の地方銀行から1年間の返済猶予を受けた。その地銀からの借入金残高は約1億5000万円。それまで元利合計で毎月約220万円を返済してきたが、元本部分の返済猶予が認められ、毎月の返済額は金利分の約18万円に減った。

 返済猶予を決めた地銀の支店長は「金融庁からは、取引先から申し出があれば基本的にはすべて応諾するように要請されている」と明かす。食品卸会社の年間売上高は約40億円。利益率が低く、複数の金融機関からの借入金で何とか資金繰りをつないできたが、耐えきれなくなった、という。

猶予期間が終われば倒産も

 1年後に猶予期間は切れるが、業績不振に悩んだ末の申し出だけに、その時点で返済額を元に戻せる可能性は低い。猶予期間中には新規融資もできず、地銀の支店長は「これから業態転換でもしない限り、結局は倒産するのでは」と先行きを案じる。

 中小企業金融円滑化法は、中小企業や個人が金融機関に返済条件の緩和を要請した場合、金融機関にできる限り応じる「努力義務」を課す。昨年秋に連立政権が発足し、亀井氏が金融担当相に就任した直後に「モラトリアム(返済猶予)法を成立させたい」と口にしたこともあり、「亀井モラトリアム」とも呼ばれている。2011年3月末までの時限立法だ。

 亀井氏は年末や年度末の資金繰り対策として新法の制定を急いだが、4月以降も手を挙げる中小企業や個人が後を絶たない。

 足元の企業倒産は減少傾向にある。民間調査会社、東京商工リサーチによると、09年度の企業倒産件数は前年度比8.7%減の1万4732件で4年ぶりに前年を下回った。政権交代前に自民党が打ち出した倒産防止策に加え、亀井モラトリアムが倒産予備軍の防波堤になっているのは確かだ。

 急場しのぎはいつまでも続けられない。東京商工リサーチ情報本部副本部長の友田信男氏は「1年間待ってもらったけれど、結局、倒産せざるをえない中小企業が年末にかけて急増する可能性がある」と懸念する。倒産件数の急増を警戒する政府が金融機関に再び返済猶予を求め、亀井氏が公言してきたように金融機関に公的資金を投入する事態になれば、最後につけを払うのは国民だ。「弱者救済」のコストは誰かが負担しなければならない。(日経新聞WEB版 10年6月11日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
333位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。