スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明るい話か・・・インテリジェンス買収へ 米ファンド、USENから 金額、320億円前後の見通し

良い話だと思います。

転職サービスのDODA(デューダ)が、ファンドへ売却されるとのこと。

過去、DODAにはお話を聞きに行ったことだけはアリ。

DODAに限りませんが、お荷物事業のような形でどこかに属しているより、切りだされた方が範囲も責任も明確になり、優秀なトップを外から持ってきやすくなります。

もちろん、リストラなど厳しい施策もとられますが。

こういったことは、ファンドの得意分野。

好き嫌いは別として、こういう切り出しが必要な会社、日本にはまだまだたくさんあるはず。

ファンドの役割、これから評価が見直しされてくる気配を感じます。

----------------------------------
インテリジェンス買収へ 米ファンド、USENから 金額、320億円前後の見通し
 米大手買収ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)は11日、USEN子会社で総合人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田)を買収する方向でUSEN側と最終調整に入った。買収金額は320億円前後とみられる。KKRにとっては日本で第1号となる買収案件で、海外ファンドによる日本企業への投資再開を象徴する動きとなる。

 有線放送最大手のUSENは転職サービス「DODA(デューダ)」などを手掛けるインテリジェンスの持ち株比率を段階的に高め、2008年に同社を完全子会社にした。だが、その後の景気悪化で09年8月期には2期連続の最終赤字を計上。財務体質の改善に向けてインテリジェンスを売却する方針を決め、入札方式でファンドを中心に買い手候補を募ってきた。

 今月初旬に締め切った最終入札にはKKRに加え、米大手のカーライル・グループや国内最大手のアドバンテッジパートナーズなど有力ファンドが応札。最高価格を提示したKKRが優先交渉権を獲得し、最終合意に向けてUSEN側と条件の詰めを急いでいる。

 KKRは1976年に米投資銀行出身のヘンリー・クラビス氏ら3人が創業した米買収ファンドの草分け。09年末時点で運用資産は522億ドル(約5兆円)に達し、投資先企業は全世界で約50社に上る。日本には06年に拠点を設立し、これまで多数の投資を水面下で検討してきた。今回のインテリジェンスの買収を機に、日本でも投資を本格化するとみられる。(日経新聞WEB版 10年6月12日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
292位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。