スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども手当で減収? 満額断念、再設計に難題 配偶者控除廃止が焦点

子供手当、制度の導入にあたり負担と収入のバランスを取ろうとして、苦労しているようですね。

目的は、子育て世代の負担が減って、子供を持ちたいという人たちを増やし、実際の子供の数の増加につなげること。

バランスなんて、とれませんよ、どうせ。

目的達成のために、細かいことは無視するくらいでないと、少子化という難題は解けません。

小学校入学から高校卒業までは、給食費から何から、全部無料。

そして、小学校入学までの乳幼児保育施設は、十分な数があり待機児童など発生しない。


少子化対策の基本は、この二点の達成だと思っています。

月に2万6千円の金額をどうするか、の話ではなく、もっと大きな枠組みに集中して取り組んで欲しいところです。
----------------------------------
子ども手当で減収? 満額断念、再設計に難題 配偶者控除廃止が焦点
 子ども手当の半額支給が今月から始まった。子育ての負担を軽減するのが狙いだ。だが菅直人首相は財政悪化を理由に、2011年度からの満額支給を断念する考えを示した。配偶者控除の廃止などで上乗せの財源を確保するものの、保育サービスの拡充といった現物給付で代替する案も浮上している。制度の設計次第では逆効果になりかねず、難しい対応を迫られる。(木原雄士、松尾洋平)

 子ども手当は民主党の目玉政策。10年度は中学生以下の子ども1人あたり月1万3000円を支給する。その代わりに16歳未満の子どもがいる世帯の年少扶養控除を打ち切った。

 中村健二税理士の協力を得て、3歳以上・小学生以下の子どもを持つ世帯の手取り年収を試算してみた。国税庁が調べた給与所得者の08年の平均給与は430 万円。この水準に近い年収500万円の専業主婦世帯をみると、現在の仕組みを続ければ子ども1人で年3万5600円、子ども2人で年7万7100円の増収となる。

 問題は11年度以降だ。菅首相は12日、宮崎県庁で記者団に「上乗せ部分は保育所の充実を含めた形にするという方向性はほぼ固まった」と語った。現金給付の増額をできるだけ抑え、一部を現物給付に振り替える公算が大きくなっている。

 その財源として配偶者控除を廃止するとどうなるか。まず専業主婦世帯。半額の現金給付を維持すれば、子ども2人を持つ年収300万円と年収500万円の世帯以外は減収となる。子どもがいない世帯の減収幅はとりわけ大きい。

 政府内では配偶者控除廃止への慎重論も根強い。現物給付に給食費の軽減などを盛り込み、現金給付に近い状態にする案もある。いずれにしても慎重な制度設計を求められるのは確かだ。

 子どもがいる共働き世帯は配偶者控除廃止の影響を受けない。半額の現金給付なら、年収1500万円の世帯などが減収となる。

 今回の試算では所得制限のある児童手当を廃止する代わりに、所得制限のない子ども手当を導入した矛盾も浮き彫りになった。配偶者控除を維持して半額を支給するいまの仕組みでは、年収1000万円の専業主婦世帯と共働き世帯の増収額が年収300万~700万円の世帯を上回る。(日経新聞WEB版 10年6月13日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
169位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。