スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コピーできるものは・・・太陽電池からMPUまで、世に満ちる模倣品 ニセモノ電子部品の恐怖(1)

コピーできるものは、なんでもコピーしますよ、という世界です。

現実は。

で、コピーできたものは、必ず売り先があるということでもあります。

コピーする人たちは、短期的に売り切ってしまい、利益を確保するのが目的。

長期的な視野で品質を保証するという考えは、毛頭ありません。

これらのコピー部品が入った製品を買ってしまって、仮にその部品が原因で壊れた場合、消費者であれば製品を作ったメーカーにクレームができます。

が、製品メーカーは自腹になるでしょうね。

部品メーカーはコピー品に需要を取られ、完成品メーカーはコピー部品を使ってしまうリスクに怯える。

メーカー受難の時代です。


以下、日経の記事、最後は、こう結んであります。

本連載では,電子部品の模倣品が想像以上に世に満ちている実態をまずお伝えし、さらにその対策がどのようになっているのかを徹底的に追跡していく。 

意味深です。 
----------------------------------
太陽電池からMPUまで、世に満ちる模倣品 ニセモノ電子部品の恐怖(1)
 2010年3月,ドイツ南部の都市であるドナウヴェルトの税関は,スロベニアからやって来た,あるトラックの積み荷を押収した。それは何と,約12トンもの模倣,つまりニセの太陽電池だった。
 
 2009年11月には,米国民を驚かせた事件の被告に有罪判決が下されている。米海軍に模倣半導体を大量に販売した,米国カリフォルニア州在住のNeil Felahy被告(32歳)である。
 
 こうした事例は,今や半導体や太陽電池など電子部品の模倣品が市場にあふれていることを象徴している。特にFelahy被告らの事例は,一般に最もセキュリティが厳しいとされる軍用品にも模倣半導体が紛れ込んでしまう実態を浮き彫りにした。

 事実,米商務省が2010年1月に発表した報告書によると,米国防総省向けで発覚した模倣電子部品は,2005年の3868件から2008年に9356件へと急増している。事態を重く見た米国政府は,電子部品の模倣品に関する調査を開始している。

 模倣部品の問題は,まだ日本では海外ほど騒がれていないものの,もちろん数多く発生している。模倣品が発見された多くの国内部品メーカーが,自社のWebサイトで注意を呼び掛けている。さらに,「今後は日本でも被害が拡大するのは必至」と多くの業界関係者が指摘する。

 危惧されるのは,この問題が現状のような金銭的な被害のみならず,生命の安全にかかわるようなリスク要因を持つことである。「仮に,電気自動車や医療機器,などに模倣電子部品が使われた場合,人命にかかわる事故につながる」(安川電機 技術部 技術管理担当部長)。対策は“待ったなし”の状況にある。(日経新聞WEB版 10年7月2日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
723位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
185位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。