スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ではマイナーですが・・・サムスン、薄型TV世界販売5000万台 目標を上方修正

日曜日、都心のヤマダ電機に行ってきました。

薄型テレビの購入レジ、何しろ、すごい人。

宅配がありますから専用コーナーがあり、二十組は一度に手続きができるのですが、それでは収まりきれず、後ろのイスにお客さんが座ってグルっと並んでいる状態。

薄型テレビの商戦は、いま非常に熱い!

とはいえ、韓国メーカーの薄型テレビはかなりマイナー。

彼らのマーケティング的には、日本市場は捨てているといっても過言ではありません。

ですが、結果、世界では最強なんですよね。

考えさせられます。

----------------------------------
サムスン、薄型TV世界販売5000万台 目標を上方修正
【ソウル=尾島島雄】韓国のサムスン電子は2010年の薄型テレビの世界販売の目標を年初計画の3900万台から少なくとも4500万台(前年比47%増)、最大で5000万台(同63%増)に上方修正する方針を明らかにした。サッカー・ワールドカップ(W杯)による需要の底上げが大きいため拡大戦略を鮮明にする。ソニーの10年度計画の1.8~2倍に相当し、世界市場の占有率で独走する勢いだ。

 サムスンは09年に前年比27%増の3068万台の薄型テレビを販売。LED搭載型の液晶テレビを主力品と位置付けて本格投入し、薄型テレビ市場のシェア首位を確実にした。

 10年も大幅な販売拡大を見込み、当初は液晶テレビ3500万台、プラズマテレビ400万台を計画していた。上半期を終えた時点で新興国市場の拡大にW杯効果が重なり、想定以上に販売が好調なため、計画の大幅な上積みに踏み切る。

 競争激化による価格下落に備え、高級タイプが多いLED搭載型の販売を強化。一方で2月末に他社に先駆け市場投入した3次元(3D)テレビは200万台だった当初目標を260万台に引き上げる。現在は基幹部品である3D用パネルの不足で「注文の8割にしか応じられない」(サムスン幹部)が、内製パネルの増産を急ぎ、8月から出荷ペースを引き上げる。(日経新聞WEB版 10年7月6日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
848位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
216位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。