スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーベル賞に根岸・鈴木氏 クロスカップリング反応

号外も含め、記事としてはそこら中にでています。

日本人がノーベル賞を受賞。

喜ばしいことなんですが、この先も続くのでしょうか。

根岸氏、鈴木氏が受賞した研究成果は、元をたどれば1970年代、つまりいまから約40年近く前の結果。

ノーベル賞は、受賞まで時間がかかることで有名ではあります。

逆にいえば、この先も日本人の成果が評価されるには、今現在、何かしらの世界的な研究をしている必要がある。


果たして、そうなっているのでしょうか。

昨今の理系離れ、海外留学離れのニュースを聞くと、心配だなと感じています。

目先の受賞を喜ぶのは当然ですが、先々の受賞可能性にも気を配るべきでしょうね。
----------------------------------
ノーベル賞に根岸・鈴木氏 クロスカップリング反応
 スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2010年のノーベル化学賞を鈴木章・北海道大学特別招聘名誉教授と根岸英一・米パデュー大学特別教授、リチャード・ヘック米デラウェア大学名誉教授の3氏に授与すると発表した。授賞対象は「有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング」。日本の研究者のノーベル賞受賞は2008年以来2年ぶり。
 クロスカップリング反応は、医薬品や化学製品のもととなる有機化合物の骨格を狙い通りにつなぐ化学反応。反応にはいくつかの種類がある。ニッケルやパラジウムといった触媒の力を借りて、そのままではうまくつなげない炭素同士などを結びつける。
 合成できる有機化合物の種類が飛躍的に増える利点がある。表示装置向けの液晶分子や抗炎症剤など様々な製品の開発を支えている。(日経新聞WEB版 10年10月6日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
904位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
219位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。