スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若手をどうするか・・・公務員給与1.5%引き下げ 政府方針、人勧通りに

賃下げ自体は珍しくないニュースですが、若い公務員がやる気を失ったり、これから公務員を目指す人が減るようだと、本末転倒な話です。

別に賃下げに反対ではありません。

お金のために公務員をしている人は少ないでしょうが、若手のモチベーションアップ、大変重要なテーマ。

人間は機械(マシーン)ではありませんので、感情を害したら、良い結果はでないのです。

結局、すでに高賃金で既得権を持った年齢層は、数%下がったところで、ビクともしないわけでして。
----------------------------------
公務員給与1.5%引き下げ 政府方針、人勧通りに
 政府は15日、今国会に提出する2010年度の国家公務員の給与法改正案について、8月の人事院勧告通り、平均年間給与を前年度比1.5%引き下げる方針を固めた。週明けに給与関係閣僚協議を開き、月内にも改正案を閣議決定する。今年4月以降の削減分は冬の賞与から差し引く仕組みで、賞与の基準日は12月1日。基準日前の11月中に改正給与法を成立させる必要がある。

 菅直人首相は9月の民主党代表選で「人勧を超える削減を目指す」と表明していた。ただ法案作成の時間が限られているうえ、労組の理解を得るのは困難と判断した。(日経新聞WEB版 10年10月16日)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
904位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
219位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。