スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確かに・・・80年代までの日本企業を牽引していた人たちは、戦争を体験した世代

日系ビジネスオンラインからの引用になりますが、「80年代までの日本企業を牽引していた人たちは、戦争を体験した世代」、これ強く思います。

で、80年後半のバブルちょい前に、それらの方はだいたい引退して、バトンタッチ。

1945年時点で25歳くらいの人は、1980年で60歳ですから。

結局、日本の強みは、日本人そのものではなく、幕末から大戦までの強烈な体験だったのかもしれません。

以降、強烈な経験、体験をしていない世代が担う現代の日本は、当面、先行きが暗いのか、なんて思ったりします。

そういう意味では、幕末並みの動乱がまた起きる必要、あるのかな、などとも感じます。

(外圧がないので、たぶん、起きませんが。)
----------------------------------
日本企業、真のグローバルカンパニーへの道 日本的経営の改造なくして飛躍は望めない
 今から振り返ると、日本企業の強みは「遅い昇進」や「チーム経営」にはなかったのだと思う。80年代までの日本企業を牽引していた人たちは、戦争を体験した世代。非日常的な経験をしているから、腹のすわっていた人たちが多かった。ちなみに張氏も佐伯氏も、1937年生まれである。この世代の人たちに、国際競争力があっただけではないのか。私は最近そう感じている。

 力のある人をどんどん登用していくためには、20年もかけて人物を見定めていくという評価をやめることが必要だ。短期間で人物を見極めるには、製品の信頼性を確認するために高温多湿の過酷な環境にさらす加速劣化試験と同じテストを実施すればよい。具体的には、30代で登用して難易度の高い課題に挑ませることだ。
 
 「わが社では昔から若手に任せている」と反論する人がいるかもしれない。しかし、本当に任せ切っているだろうか。誰かがコーチ役となって失敗しないようにサポートする。例えて言えば、補助輪付きの自転車に乗せているようなケースが大半ではなかろうか。(日経ビジネスオンライン 三品 和広)
----------------------------------
経世済民という言葉を広めたいので、ブログランキングに参加してます。
よろしければ、是非!クリックのうえ、今日は何位かご確認ください!
3位以内に入りたいです!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ

こちらはFC2のブログランキングです。こちらも上位を目指してます!
 ↓↓↓↓↓↓↓


テーマ : 日本の未来 - ジャンル : 政治・経済

コメント

私は教育じゃないかなぁと思います。

はじめてコメントします!

おっしゃる通り、戦争と言う強烈な体験もあるでしょうね。

それに加えて、私は『教育』だと思います。人間学をしっかり学んでいたからだと思います。

戦争を経験した方々は人間教育がしっかりしていたから、戦争を乗り切ることができ、戦後の復興も担えたのだと思います。

経世済民ということば、私もいい言葉だと思うので、広めていきましょう!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

経世済民

Author:経世済民
経世済民のブログへようこそ!
プロ経営者、目指してます!
経営コンサルタントを経て、電子部品メーカーの企画部門に勤務中。コンサルの前は、駐在員としてヨーロッパに7年駐在。
ヨーロッパでの仕事を通じて得た人生観から、世のため人のために生きようと誓いました。写真は、自分を鳥瞰したくて毎日見ている、宇宙から見た地球です。いまMid-30'sですが、2人の息子はすでに小学生という、ややフライング?なスタートを切ってます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
286位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。